日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 健康りてらしぃ 最新刊紹介 > 健康りてらしぃ 過去の特集・注目コンテンツ > 健康りてらしぃ 過去の特集・注目コンテンツの詳細

健康りてらしぃ 記事の詳細

賢い入浴法

発刊号 : 2012年3号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
数量

商品概要

心身ともに病むことが多い現代人。そんな現代人によくおすすめされるのが毎日の「入浴」。近年、リラックス効果や温熱効果など心身に効果的であることが次々に明らかになってきました。親子で入浴を通した「浴育」なる言葉も登場しています。そこで本号の特集テーマは「賢い入浴法」。あなたも、賢い入浴法で忙しい毎日を乗り切ってみては?ピックアップ記事は「精神疾患に『読書療法』」「冬のうつ病悪化に注意」などを取り上げました。

特集概要とタイトル抽出
特集:賢い入浴法
ダイエット、リラックス、睡眠誘導など毎日の入浴にはあなたの知らない効果がまだたくさんあります。一方で、浴室との寒暖差は「ヒートショック」と呼ばれ、知らないと「死」に至る危険も。特集は、健康・ダイエットなどおなじみの入浴効果だけでなく、温泉事情やバスタイムの楽しみ方なども収録。同じなら、賢い入浴法を身につけて、毎日を楽しく過ごしてみたいですね。
タイトル一例
▽楽しく「浴育」広がる(2.13・毎日)▽冬場の入浴気を付けて(11.9・東京)▽お風呂でやせる(4.11・北國)▽手作り入浴剤(12.30・北日本)
など、連載記事を含む17本の新聞記事を集めました。

健康りてらしぃジャンル:健康ニュース=健康ニュース
30年前の10倍・・・ぜんそく急増の「なぜ」 ​◎文科省「2011年度学校保健統計調査」速報関連記事を収録
◎子どもの体重が減っている・・・強まるダイエット志向の影響か
◎ぜんそくの高校生、30年前の10倍  親世代との差は「なぜ」
など、健康ニュース全般に関する記事を集めました。
健康りてらしぃジャンル:こころの健康=ストレス、セラピー、リラクゼーション、こころの健康
こころが弱った人にかけるべき本当の言葉とは・・・ ​◎「原因はいろいろ」すぐにキレる、自身でコントロールするには?
◎「がんばって」励ましの言葉が、時には相手へのプレッシャーに・・・
◎自殺防止 NPO団体の取り組みやインターネット・SNSで「つながる」効果
など、こころの健康に関する記事を集めました。
健康りてらしぃジャンル:セルフケア=健康チェック、セルフケアなど
スギ花粉飛散・・・高機能マスクの使い方 ​◎「骨のケアで保つ若さ」「ひざの痛み解消」適度な運動の大切さ
◎スギ花粉飛散・・・で、「放射能も一緒に飛散」は大丈夫?
◎進化する「高機能マスク」自分に合った選び方を紹介
など、セルフケアに関する記事を集めました。
健康りてらしぃジャンル:健康教育=青少年のこころとからだ、いじめ・不登校など
子どもの被ばく 「問題ない」の本当のところ ​◎思春期のハイヒール靴 過度な使用は、足の変形招く可能性
◎子どもの被ばく調査 遅れる調査も「問題なし」は本当に問題ないか
◎不登校、うつ病・・・病む子どもに、学校現場の取り組みは?
など、健康教育に関する記事を集めました。
健康りてらしぃジャンル:からだの健康=脳・神経、免疫・アレルギー、感染症、がんなど
歯周病と糖尿病・・・身近なセルフコントロール「歯」に注目 ​◎歯周病あなどるべからず・・・「糖尿病にも影響」で注目される治療法
◎死に至ること多く 高齢者の肺炎対策に注目
◎女性に多い更年期対策 一人で悩むより「誰かに話す」ことの効果を知る 
など、からだの健康に関する記事を集めました。
健康りてらしぃジャンル:病院・医師・患者=健康診断・検査、医療制度・医療費、薬など
改定 診療報酬と介護報酬 現場で働く人たちが知っておきたいこと ​◎変わる診療報酬・介護報酬 身につけておきたい基礎知識
◎便利・豪華・・それでも止められない「献血離れ」学校の役割を考える
◎病気で不安になった患者自らが考えたい「患者力」とは?
など、病院を取り巻く医師。患者に関する記事を集めました。
健康りてらしぃジャンル:公衆衛生=安心なくらし、環境と健康
自分で防ぐ被ばく 機器選びから除染対策まで ​◎蔓延する対放射能不安 「自分で計りたい」という人のための機器選びのコツ
◎放射能、家の除染はどう行う?
◎「被ばく証拠」を集め始めた被災地の人の自己防衛策とは
など、公衆衛生に関する記事を集めました。
ページトップ