日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 福祉ニュース高齢福祉編 最新刊紹介 > 福祉ニュース高齢福祉編 過去の特集・注目コンテンツ > 福祉ニュース高齢福祉編 過去の特集・注目コンテンツの詳細

福祉ニュース高齢福祉編 記事の詳細

在宅に向けて~家での暮らしを支える~

発刊号 : 2014年5号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
配本日 : 2014年4月20日
サイズ : A4
ページ数 : 96ページ
記事掲載期間 : 2014年2月21日~20日
数量

商品概要

急激な高齢化で福祉予算が圧迫、家庭や地域でできることを増やすことを目的に在宅介護へのシフトが進みます。医療、介護、住まいなど複合的な支援サービスを行う、地域包括ケアシステム、認知症ケアの強化などがそれ。介護サービスはこれで十分か、仕組みを知り、上手に活用する方法などを知ることができます。ピックアップトピックスは「4月から変わる制度」「ヤングケアラー」など。

特集概要
在宅に向けて~家での暮らしを支える~ ▼​地域包括ケアシステムQ&A
▼認知症施策推進5か年計画「オレンジプラン」在宅介護を進める
▼医師会と看護協会が連携して進める家族の介護力強化
▼建築に福祉の視点「福祉住環境コーディネーター」に需要
など。

今号のピックアップトピックス
4月から変わる制度 4月から変わる制度
税金による負担軽減へ 診療報酬、窓口負担はどう変わったか
ヤングケアラー
若い世代も介護 自主的仕組みを機能させるには?
食べる楽しみ
かみやすい、飲み込みやすい・・・家庭でできる介護食のコツ
心を支える
自殺やうつ 高齢者の心支えるセラピー術
継続トピックス:健康と医療、認知症
(健康と医療)「サルコペニア」アジア人にあった診断基準 このジャンルの注目ヘッドライン
(健康と医療)加齢に伴って筋肉量・力が減少する「サルコペニア」アジア人にあった診断基準を知る
(認知症)意味を考えチームで対応 効率・機能的な認知症対策とは

継続トピックス:社会保障と行政、介護予防、介護サービス、ターミナルケア
​(社会保障と行政)社会福祉法人の価値 このジャンルの注目ヘッドライン
(社会保障と行政)福祉サービス多様化のなかで問われる社会福祉法人の価値
(介護予防)読み・書き・計算で認知症の予防や改善効果 
(介護サービス)「宿泊室なし」が大半のケースも いま問われる「お泊りデイ」の質
(ターミナルケア)本人が望む医療とや作法 家族が抑えるべき終末期医療への知識
など。

継続トピックス:介護従事者、家族介護者、地域で支える、福祉機器
(地域で支える)一人暮らしの高齢者の鍵を預かる社協
このジャンルの注目ヘッドライン
​(介護従事者)秋田・六郷高福祉科 高い介護福祉士国家試験合格率の秘密を追った連載記事 秋田魁新報「介護の道へ」
(家族介護者)在宅介護 家族を追い詰めないためには・・・
(地域で支える)一人暮らしの高齢者の鍵を預かる大阪・寝屋川社協の取り組み
(福祉機器)重い、痛い、ひねるなど苦痛を解消するアンチエイジング商品のご紹介
など。

ページトップ