日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 福祉ニュース高齢福祉編 最新刊紹介 > 福祉ニュース高齢福祉編 過去の特集・注目コンテンツ > 福祉ニュース高齢福祉編 過去の特集・注目コンテンツの詳細

福祉ニュース高齢福祉編 記事の詳細

高齢化先進国

発刊号 : 2012年4号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
数量

商品概要

特集テーマは超高齢化社会。厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所はこのほど2060年の日本の将来推計人口を発表しました。これによると、50年後の65歳以上の高齢者率は約4割。この数字は高齢化が共通である他先進国のなかでも突出した数字です。特集は、社会保障の在り方、高齢者になったときの在り方など関連記事18本(連載含む)を収録しました。注目記事は「ぜんそく 高齢者も注意」「介護施設 制服おしゃれ」など。

特集概要とタイトル抽出
高齢化先進国 ​50年後の65歳以上の高齢者率は約4割。国立社会保障・人口問題研究所が算出した数字を我々はどう考えればよいのでしょう。個人は高齢化社会をどういきがいをもって暮らすか、社会は介護・病気のリスクを減らすとともに、支援システムをいかに構築するか、また出生率を上げ社会保障を持続可能なものにしていくことも重要です。特集記事18本から来たるべき超高齢化社会の備えについて考えてみませんか。

タイトル一例
▽50年後 高齢者4割(1.30・読売)▽東京 20年後に人口減(1.7・南日本)▽都市圏の介護 深刻(2.1・朝日)▽70歳現役社会づくり(12.26・宮崎日日)

福祉ニュース 高齢福祉編ジャンル:福祉を考える(計13本・連載含む)
介護保険制度改定 「施設から在宅へ」国の誘導策にサービスを考えます ​このジャンルの注目ヘッドライン
◎最新・高度医療「最善でない」日本老年医学会が立場表明をしました。
◎災害時の高齢者避難 老人施設内で自主防災訓練が行われました。
◎介護保険制度改定 「施設から在宅へ」国の誘導策に、サービスはどう変わるのかを考えます。
福祉ニュース 高齢福祉編ジャンル:高齢社会=生活環境(7)学習・社会参加(2)
コレクティブハウスに孤独死を防ぐ役割が期待されていますこのジャンルの注目ヘッドライン
◎プライバシー守り、交流スペース確保 コレクティブハウスに孤独死を防ぐ役割が期待されています。
◎相次ぐ事業者参入・・・安否確認などのサービス付き高齢者向け住宅料金が下がっています。
◎パソコン使える高齢者 異世代交流に役立っています。
福祉ニュース 高齢福祉編ジャンル:高齢社会=健康(10)社会保障・行政(3)
高齢者のミネラル不足に注意喚起がされています
このジャンルの注目ヘッドライン
​◎亜鉛欠乏症から多くの健康リスク 高齢者のミネラル不足に注意喚起がされています。
◎高齢者のぜんそく 受診遅れ合併症のリスクが指摘されています。
◎厚労省が、高所得者の保険料上げの方針 一方で国民年金はデフレの影響で下がります。
福祉ニュース 高齢福祉編ジャンル:介護関連=ケアマネジメント(4・連載含む)介護予防(3)
「入退院コーディネーター」の役割が重視されています。 ​​このジャンルの注目ヘッドライン
◎認知症予防 専門医・かかりつけ医・介護事業者・行政など複数の関係者の地域連携の必要性が謳われています。
◎特養と病院のつなぎ役「入退院コーディネーター」の役割が重視されています。
◎「専門医だけで対応できない」認知症予防にもケアマネージャーの役割が重要視されています。
福祉ニュース 高齢福祉編ジャンル:介護関連=在宅介護(6)施設介護(2)介護保険制度(3)
「行政の縦割り打破型」山梨のNPO法人の活動が注目されています
​​このジャンルの注目ヘッドライン
​◎介護保険外の援助で上手に生活の質を高める知恵が紹介されています。
◎赤ちゃんからお年寄りまで一体サポート 「行政の縦割り打破型」山梨のNPO法人の活動が注目されています。
◎社会福祉施設の約2割が耐震不足 全国146221棟(を調査)の厚労省調査で明らかになりました。
福祉ニュース 高齢福祉編ジャンル:介護事業・介護者=介護事業(6)介護者・教育・研修(7)
おしゃれな介護施設の制服が注目されています ​​このジャンルの注目ヘッドライン
◎特養の内部留保1施設あたり平均3億円 「職員給与に回すべき」との声がでています。
◎少量詰め、広い通路確保など・・地域の小売店で高齢者向けに店舗改装する店が増えています。
◎「きつい」「汚い」イメージ払しょく おしゃれな介護施設の制服が注目されています。
福祉ニュース 高齢福祉編ジャンル:介護事業・介護者=家族関係(8・連載含む)ボランティア(4)相談ネットワーク(2)福祉・介護機器(4)
「男の介護」考えます ​​​このジャンルの注目ヘッドライン
◎親・妻との関係見直しのきっかけになる例など  「男の介護」考えます。
◎精神・肉体的虐待に加え経済的虐待も 高齢者の暮らしを守るために弁護士チームが準備を進めています。
◎広がる認知症サポーター 「先生役」キャラバン・メイトの養成に自治体間の格差が指摘されています。


ページトップ