日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 福祉ニュース高齢福祉編 最新刊紹介 > 福祉ニュース高齢福祉編 過去の特集・注目コンテンツ > 福祉ニュース高齢福祉編 過去の特集・注目コンテンツの詳細

福祉ニュース高齢福祉編 記事の詳細

認知症徘徊~見守る・支える~

発刊号 : 2014年7号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
配本日 : 2014年6月20日
サイズ : A4
ページ数 : 96ページ
記事掲載期間 : 2014年4月21日~5月20日
数量

商品概要

認知症徘徊に関する防止策、家族への支援策、地域・社会の役割などを考える特集です。警察庁の発表によると、認知症が原因で行方不明になった人は24年に9607人。うち231人は年内に見つからなかったとされています。家族責任の限界を問う声もあり、徘徊者の安全、または徘徊者が起こし得る事故への責任については、家族だけでなく社会全体で考える必要がありそうです。ピックアップトピックスは「家族介護者の悩み」「交流する場に」など。

特集概要
認知症徘徊~見守る・支える~ ​▼夫婦で認知症のケースも 毎日・認知症徘徊取材記事
▼徘徊鉄道事故は妻の責任 この判決をどう考える?
▼徘徊者の早期発見ツールご紹介
など。

今号のピックアップトピックス
家族介護者の悩み ​家族介護者の悩み
認知症と向き合う家族の姿追う連載記事 茨城新聞「認知症と歩む」
交流する場に
柔道教室、古民家活用・・・広がる交流施設の多機能化
車いすで外出
遠出や観光 車いすの外出支える企業やヘルパーの取り組み
昔を思い出す
昔遊びや使っていた道具で脳を刺激 認知症予防、改善にも期待


継続トピックス:健康と医療、認知症、高齢者の人権
(認知症)がんとの合併実態 このジャンルの注目ヘッドライン​​
(健康と医療)便利!薬の受け取りや履歴をアプリで 電子版「お薬手帳」
(認知症)がんとの合併実態 大きな課題に 読売調査から
(高齢者の人権)入院時2割、介護入所は3割 身元保証求める病院
など。  

継続トピックス:社会保障と行政、介護予防、介護サービス
(介護サービス)手によるケア このジャンルの注目ヘッドライン​​
(社会保障と行政)「お泊りデイ」国、地方自治体による規制求める声
(介護予防)一部事業 自治体へ移管の予定 各地の先行事例
(介護サービス)手によるケア お年寄りの心和ます効果あり
など。

継続トピックス:介護従事者、家族介護者、地域で支える、災害に備える、福祉機器
(災害に備える)被災地で増える認知症悪化傾向
このジャンルの注目ヘッドライン
(介護従事者)介護職 報酬引き上げ議論必須 人手不足で家族の負担増のおそれ
(家族介護者)職と介護 企業も対策へ
(地域で支える)寺が舞台 高齢者と母親の交流サロン
(災害に備える)いきがい奪われ・・・被災地で増える認知症悪化傾向
(福祉機器)​ワイヤーで角度自在 食べこぼし防止エプロン
ページトップ