日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 福祉ニュース高齢福祉編 最新刊紹介 > 福祉ニュース高齢福祉編 過去の特集・注目コンテンツ > 福祉ニュース高齢福祉編 過去の特集・注目コンテンツの詳細

福祉ニュース高齢福祉編 記事の詳細

レクリエーション~楽しみを見つけよう~

発刊号 : 2014年11号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
配本日 : 2014年10月20日
サイズ : A4
ページ数 : 96ページ
記事掲載期間 : 2014年8月21日~9月20日
数量

商品概要

高齢者が楽しめるレクリエーションを特集しました。適度にできる運動やカラオケなどの趣味的活動は、認知症予防にも効果があるようです。超高齢化社会においていきがいを持って生きるには?最近では、民間資格で高齢者にレクリエーションを促すレクリエーション介護士も登場してきました。ピックアップトピックスは「​介護ロボット」「未然に防ぐ交通事故」など。

特修概要
レクリエーション~楽しみを見つけよう~ ​▼医師やスポーツ専門家も支援する「スポテン」うつ・認知症防ぐ効果も
▼ダーツやカーリング 適度な運動 計算、戦略化で頭も使う
▼福祉現場で高齢者に生きがいを享受するレクリエーション介護士

今号のピックアップトピックス
介護ロボット ​介護ロボット
安価、実用性でブレイクスルーねらう介護ロボット市場 企業も参入意欲
未然に防ぐ交通事故
全体の3割 高止まり高齢者の交通事故防止策
災害への備えは?
住まいの安全 福祉避難所 高齢者を災害から未然に守る
敬老の日
地域社会などで活躍の場を 大切な健康寿命
継続トピックス:健康と医療、高齢者の安全、認知症、高齢者の人権
(高齢者の安全)信頼関係から始める 特殊詐欺 このジャンルの注目ヘッドライン​​
(健康と医療)骨粗しょう症1300万人 骨折リスクどう避ける?
(高齢者の安全)信頼関係から始める 特殊詐欺の卑劣な手口
(認知症)就労、交流の場 認知症患者と社会との接点「あすへの手掛かり」新潟日報連載
(高齢者の人権)認知症、障害者の生活支援員 社協職員だけでなく市民も担い手
など。
継続トピックス:社会保障と行政、介護予防、介護サービス
(社会保障と行政)要支援者向けサービスの市町村事業への移管 このジャンルの注目ヘッドライン​​
(社会保障と行政)地域格差拡大懸念も 要支援者向けサービスの市町村事業への移管
(介護予防)要介護や認知症のきっかけにも 高齢者の転倒防止へ 毎日の運動例
(介護サービス)体の機能回復で「卒業」へ デイサービス・リハビリの重要性
など。

継続トピックス:介護従事者、家族介護者、福祉機器
​(介護従事者)介護職員の段位取得
このジャンルの注目ヘッドライン
​(介護従事者)介護職員の段位取得 国のキャリア評価は現場をどう変える?
(家族介護者)認知症やがん患者支援する家族を支えるために システム開発国内2大医療研究拠点で
(福祉機器)要介護者自らが考案した入浴補助ベルト
など。
ページトップ