日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 健康りてらしぃ 最新刊紹介 > 健康りてらしぃ 過去の特集・注目コンテンツ > 健康りてらしぃ 過去の特集・注目コンテンツの詳細

健康りてらしぃ 記事の詳細

笑顔をつくるスキンケア

発刊号 : 2012年7号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
数量

商品概要

美肌やおしゃれは、女性にとって重要なテーマ。これからの季節に対策が必要な紫外線だけでなく、しわやたるみの問題も深刻です。一方で、化粧品や金属製品などによる肌トラブルも社会問題に。知識を身につけ正しいケアが必要になっています。特集ではケア方法はもちろん、トラブルへの対応法、アンチエイジングなど、スキンケアに関する関連記事21本を収録しました。注目記事は「日本初のサボリ施設?!」「スマホ 気になる電磁波」など。

特集概要とタイトル抽出
笑顔をつくるスキンケア ​見た目の若さ、血管年齢に相関関係、アンチエイジングに消費者の財布は緩い、ピアスや化粧品、染毛など10代の女性に皮膚炎 進むトラブルの低年齢化、美容界でブームの「炭酸」など、スキンケアに関する記事を収録しています。

タイトル一例
▽若い外見 血管に関係?(2.25・愛媛)▽女性の半数が肌に悩み(12.14・中国)▽「おしゃれ障害」にご用心(1.17・南日本)▽笑顔の大切さ知って(11.8・福島民友)

健康りてらしぃジャンル:こころの健康(計19本)=セラピー(5)こころの健康(14・連載含む)
(こころの健康)自殺予防因子を慶応大大学院健康マネジメント研究科が見つけ出しました このジャンルの注目ヘッドライン​
◎ストレス軽減効果など 科学的データに基づく森林セラピーの研究が進んでいます。
◎全国的にも自殺者少ない徳島・海部町を調査 自殺予防因子を慶応大大学院健康マネジメント研究科が見つけ出しました。
◎被災地・福島で失われていく命 自殺防止活動に取り組む僧侶が岩手・宮城との違いなどについて語りました。
健康りてらしぃジャンル:セルフケア=からだの不思議(2)健康チェック(2)仕事と健康(9・連載含む)など
(セルフケア)妊娠・避妊だけでない基礎体温計測の役割とは? このジャンルの注目ヘッドライン​
◎唾液通じて血液に 油断できない歯科金属アレルギーについて勉強できます。
◎女性にとっての基礎体温とは?妊娠・避妊だけでない基礎体温計測の役割を知ります。
◎減少傾向の「飲みニケーション」で業績アップや職場の円滑化を期待 費用負担する会社が増えています。
◎スマホの電磁波 「体に良くない」の噂 WHOが来年にも評価します。
健康りてらしぃジャンル:健康教育(計21本)=保健室・養護教諭(3)青少年のこころとからだ(7)精神保健(5)問題行動・心理(3)性に関する指導(3)
(健康教育)子どもの野球肘予防へ 新潟県の団体が連携で調査・啓発に努めています このジャンルの注目ヘッドライン​
◎成長期の子どもの野球肘予防へ新潟県の団体が連携 調査に基づく啓発手帳を発刊します。  
◎武道必修化、部活動・・・リスク回避の学校内の事故防止策を学ぶことができます。
◎低学年「体重増えない」中高学年は「肥満傾向」宮城県・被災児童の体調変化を日本成長学会が調査しました。
健康りてらしぃジャンル:からだの健康(計9本)=脳・神経(3)心臓・血管(1)ホルモン・代謝(1)がん(2)からだの健康(2)
(からだの健康)頭痛の対処法、正しい知識で
このジャンルの注目ヘッドライン​
​◎鎮痛剤飲み過ぎは悪循環 頭痛のメカニズムを知って、正しい対処法を学びます。
◎冷えやしびれ、痛みにご用心 「足の異常」ほっとくと、切断の危険もあります。
◎口内炎と決めつけ危険 月一回のチェックで、口腔がんの早期発見の必要性が謳われています。
健康りてらしぃジャンル:病院・医師・患者(計13本)=健康診断・検査(4)医療制度・医療費(3)闘病(1)病院・医師・患者(5)
(病院・医師・患者)4月から見直された高額医療費制度の概要がわかります
このジャンルの注目ヘッドライン​
​◎患者の6割から7割が日本人 早老症(ウェルナー症候群)の指針に、厚労省が世界で初めて取り組みます。
◎外来の自己負担上限までに 4月から見直された高額医療費制度の概要がわかります。
◎患者や家族に気遣いを お見舞いの作法を紹介しています。
健康りてらしぃジャンル:公衆衛生
てんかん患者と自動車事故について考えます このジャンルの注目ヘッドライン​
◎てんかん発作で相次ぐ重大事故 相関関係と社会的理解の方策を探ります。
◎応急救助 一般の人でもすぐできる救助手順を写真で紹介しています。
◎震災時、そのときあなたは・・・消防署員が実践する救命法と応急処置に学びます。

ページトップ