日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 科学と環境版 記事の詳細

科学と環境版 記事の詳細

夏休みの自由研究~家庭でできる理科実験~

発刊号 : 2013年8号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
配本日 : 2013年7月14日
サイズ : A4
ページ数 : 96ページ
記事掲載期間 : 2013年5月16日~6月15日
数量

商品概要

理科離れ防止の重要なカギを握るのが、身近な不思議に興味を持つこと。本号の特集では、夏休みの自由研究、特に家庭でできる理科実験にフォーカス。グライダー、コマなどの原理を知る実験などを調べた日本経済新聞「おうちで理科」などを収録しました。ピックアップトピックスは「機械は人に近づけるか」「竜巻と温暖化」など。

特集概要
夏休みの自由研究~家庭でできる理科実験~ ▼自由研究、自然環境を消えた代わりの手助けはインターネット
▼日経「おうちで理科」全10回 モーター、グライダーなど身近な原理知ろう
▼自在 自分でできるせっけんづくり 感覚はまるで「お菓子づくり」
など。
全国85紙の新聞記事から科学の「今」を読み解く!

今号のピックアップトピックス
​ナスカの地上絵の謎 ​ナスカの地上絵の謎
ナスカ地上絵の実像に迫る山形大プロジェクトチームを追った山形新聞「ナスカの伝言」連載記事
機械は人に近づけるか
会話、小説、研究・・・人間と共に考えるコンピュータシステムの構築を目指す 
「困難」な地震予知
「可能」から一転「困難」へ 東海地震など南海トラフで起きる地震の予知難しさ明らかに
竜巻と温暖化
米南部で巨大竜巻発生 一方で温暖化影響でラニーニャが多発


継続トピックス:環境、生物
(環境)エベレストの氷河50年で14%減このジャンルの注目ヘッドライン
(環境)ネパールでは水不足が深刻化 エベレストの氷河50年で14%減
(生物)カメは2億5千年前に独自の進化 全遺伝情報を日本含む国際チームが解読に成功
など。 
継続トピックス:宇宙、原子力、エネルギー、宇宙開発、科学者
(エネルギー)火力発電 日本が持つ最新技術 このジャンルの注目ヘッドライン
(宇宙)太陽表面爆発 フレアの解説
(原子力)研究者数十人単位で被ばく 地元への報告も遅れ 東海村「J-PARC」放射能漏れ事故詳報
(エネルギー)一躍主役 1500度の高熱制御する火力発電 日本が持つ最新技術
(宇宙開発)20年ぶり次期主力ロケット「H3」の開発は民間力を活用
(科学者)駆除剤を避けるゴキブリの謎を解明した米大学研究員 勝又綾子さん
など。

全国85紙の新聞記事から科学の「今」を読み解く!

ページトップ