日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 福祉ニュース障害福祉編 記事の詳細

福祉ニュース障害福祉編 記事の詳細

バリアフリーの課題~合理的配慮を考える~

発刊号 : 2014年5号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
配本日 : 2014年4月15日
サイズ : A4
ページ数 : 96ページ
記事掲載期間 : 2014年2月16日~3月15日
数量

商品概要

障害の種別によって求められる差異があるバリアフリーの課題を追った特集です。近年では随分整備が進んできましたが、法令で決められた以上の配慮、または人々の支援、意識など課題は多いのが現実です。賃貸契約が結べないなど、社会的権利も奪う現実があるなか、真のバリアフリーとは何かを考えます。ピックアップトピックスは「教訓を生かして」「入居支援の動き」など。

特集概要
バリアフリーの課題~合理的配慮を考える~ ▼要支援の子どもに的確対応 キーワードとなる「合理的配慮」とは?
▼精神障害で労災認定 急増
▼氷山の一角?障害者の賃貸契約不成立の事案が発覚
▼共生社会へ 必要なのは建設的対話
など。

今号のピックアップトピックス
教訓を生かして ​教訓を生かして
個人情報保護を越えて共助の輪を広げられるか 災害時要援護者名簿作成の動き
入居支援の動き
偏見に苛まれた住民への入居支援を行う不動産屋の挑戦
発達障害の学習支援
高等教育や専攻科開設 発達障害児の学びの権利を考える
虚偽と報道
「全ろうの作曲家」と偽った本人 美談として報道したマスコミ



継続トピックス:支援者・研修、ひと・意見、出産・育児、教育、特別支援教育、発達障害
​(支援者・研修)知的障害者への虐待を問う
このジャンルの注目ヘッドライン
​(支援者・研修)知的障害者への虐待を問う ピープルファースト北海道アドバイザー・元氏大二さん 
(ひと・意見)障害者自身が症状同じくする人と研究する「当事者研究」の可能性
(出産・育児)主体性引き出し、自立への一歩引き出す「児童デイ ころぼっくる」
(教育)授業の枠を超えて知的障害者の人と交流、支援する仙台・広瀬小の児童たち
(特別支援教育)カフェやブローチ、カレンダー・・・特別支援学級の生徒たちの挑戦
(発達障害)子ども一人ひとりの特性を知り、進路の枠を広げる

継続トピックス:労働、生活、趣味・スポーツ、医療・リハビリ
(生活)視覚障害者向けレシピ このジャンルの注目ヘッドライン
(労働)難病でも働く意志を持った人達を応援する社会の仕組みとは?
(生活)視覚障害者向けレシピは、誰にもやさしいレシピ
(趣味・スポーツ)室内でできるカーリング 知的スポーツとして十勝で人気
(医療・リハビリ)佐村河内守氏問題で波紋 誤解されやすい聴覚障害を考える
など。

継続トピックス:福祉機器、触法障害者、行政
(行政)社会福祉法人の利益 このジャンルの注目ヘッドライン
(福祉機器)鳥取大附属病院とロボットメーカーの共同開発 新型車いす臨床実験へ
(触法障害者)再犯防止へ 福祉の視点を検察が取り入れ
(行政)社会福祉法人の利益 社会貢献に 規制改革会議が検討
など。

ページトップ