日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 福祉ニュース高齢福祉編 記事の詳細

福祉ニュース高齢福祉編 記事の詳細

揺るがす在宅介護~何が家族を追いつめるか~

発刊号 : 2017年3号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
配本日 : 2017年2月20日
サイズ : A4
ページ数 : 96ページ
記事掲載期間 : 2016年12月21日~2017年1月20日
数量
2017年3号の目次
2017年3号の索引

商品概要

家族にとって思い介護負担。過度の負担で、虐待や殺人といった悲劇を生んでしまうことも。国の「在宅」推進や超高齢化といった流れの中で、本人・家族にとっての介護のあり方とはなにかを考えます。今号のピックアップトピックスは「遠距離家族をつなぐ」「[社説]高齢者の定義」など。

特集概要
揺るがす在宅介護~何が家族を追いつめるか~ ▼介護疲れ 家族を襲う疲弊と悲劇
▼配偶者の死別後の決意「婚姻関係終了届」
▼介護事件防止策 発見の難しさと周囲の気づきの大切さ
など。

全国85紙の新聞記事から福祉の「今」を読み解く!
福祉ニュース高齢福祉編のバックナンバーを見たい人はこちら

今号のピックアップトピックス
​遠距離家族をつなぐ ​遠距離家族をつなぐ
高齢者の見守りや介護離職を防ぐ機器や制度
[社説]高齢者の定義
日本老年学会「高齢者は75歳から」各紙の社説
終活はじめました
終活に前向き 事前の話し合いがカギ
わたしのストレス解消法
多種多彩 それぞれのストレス解消法
継続トピックス:健康と医療、高齢者の安全、認知症、高齢者の人権
(認知症)認知症リスク遺伝子 このジャンルの注目ヘッドライン​
(健康と医療)抗認知症薬の副作用 専門医が指摘
(高齢者の安全)認知症不明者特定を歯型で 歯科医師会が協力 大阪府
(認知症)認知症リスク遺伝子 山形大医学部が発見
(高齢者の人権)社会的弱者「ついのすみか」の環境劣悪度
など。
社会保障と行政、介護予防、介護サービス、ターミナルケア
​(社会保障と行政)特区で混合介護解禁 このジャンルの注目ヘッドライン
​(社会保障と行政)特区で混合介護解禁 東京豊島区
(介護予防)手を温めるだけで認知機能向上を確認 富山大
(介護サービス)報酬引き下げ 人手不足 介護事業倒産が最多
(ターミナルケア)地域ケアの在り方は 高齢者27万人調査 国立長寿研
など。
継続トピックス:介護従事者、家族介護者、地域で支える、福祉機器
​(介護従事者)看護師が学ぶ認知症患者への接し方 このジャンルの注目ヘッドライン
​(介護従事者)看護師が学ぶ認知症患者への接し方 愛知県立大
(家族介護者)子育て・介護理由の離職者を復職支援 厚労省
(地域で支える)地域に安心感 過疎地域を女性警官が巡回
(災害に備える)防災組織が要支援者の名簿把握 市町の責務と兵庫県
(福祉機器)トレーニングもできる足踏み式車いす
など。
ページトップ