日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > テーマ別記事 > 医療と安全管理総集版 > 医療倫理 > 記事詳細

関心テーマ・医療倫理
医療倫理
新型出生前診断を民間会社があっせん ​新型出生前診断を、東京都内の民間会社が米国での検査をあっせんするサービスを始め、日本産婦人科学会が、指針の骨抜きを心配しています。医療と安全管理総集版2013年5号で紹介しています。

これらのテーマが毎号掲載!あなたも定期購読してみませんか?

医療と安全管理総集版 最新刊紹介

対話が支える医療~気軽に相談できる関係へ~

発刊号 : 2018年7号
年間購読料 : \23,940(送料・税込)
数量

商品概要

病気と戦う患者の励みになる医者や医療従事者の言葉。その言葉は、患者の前向きな気持ちを引きだす力を持っています。治療と向き合う患者と医療従事者の関係は?今号のピックアップトピックスは「認知症看護」「患者の思いを知る」など。

最新刊の詳細を見る

関心テーマから記事を探す

発見と予防~病気を減らそう~
医薬品の信頼~臨床研究の構造を見直す~
揺らぐ医療~いま政治に求めるもの~
読売「揺れる命 世界は今」連載を収録
新型出生前診断スタート
新型出生前診断 技術と倫理の狭間
ページトップ