日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > テーマ別記事 > 医療と安全管理総集版 > 医療倫理 > 記事詳細

関心テーマ・医療倫理
医療倫理
新型出生前診断を民間会社があっせん ​新型出生前診断を、東京都内の民間会社が米国での検査をあっせんするサービスを始め、日本産婦人科学会が、指針の骨抜きを心配しています。医療と安全管理総集版2013年5号で紹介しています。

これらのテーマが毎号掲載!あなたも定期購読してみませんか?

医療と安全管理総集版 最新刊紹介

地域の医師育成~住民とともに成長したい~

発刊号 : 2017年11号
年間購読料 : \23,940(送料・税込)
数量

商品概要

偏在化が指摘される医師の配置。特に地方の医師不足は深刻で、「地域枠」も想定の効果を出せていません。どうすれば地方の医師不足は解消できるのか、制度だけでなく住民密着型の「やりがい」にも目を向ける必要がありそうです。今号のピックアップトピックスは「AI活用」「終末期の意思決定」など。

最新刊の詳細を見る

関心テーマから記事を探す

発見と予防~病気を減らそう~
妊婦を支える~出生前診断から探る~
ミライの暮らし~私とIoTの10年後
読売「揺れる命 世界は今」連載を収録
新型出生前診断スタート
新型出生前診断 技術と倫理の狭間
ページトップ