日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > テーマ別記事 > 科学と環境版 > 地震学 > 記事詳細

関心テーマ・地震学
地震学
気象庁把握できないM5以上の地震430回 震災後25時間で ​東日本大震災後25時間の間に気象庁が把握できなかったマグニチュード5以上の地震が430回以上発生していたことが、ハーバード大の石井水晶准教授らの解析で分かりました。レーダーで探知されにくいステルス戦闘機になぞらえ、「ステルス地震」と名付けています。

これらのテーマが毎号掲載!あなたも定期購読してみませんか?

科学と環境版 最新刊紹介

気象を読み解く~いのちを守る防災研究~

発刊号 : 2018年3号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
数量

商品概要

温暖化やゲリラ豪雨など予測困難、かつ規模の大きな異常気象が頻発しています。特集では、AIやスパコンなど、最新技術を使って気象を読み、被害を最小限化する取り組みをご紹介します。今号のピックアップトピックスは「量子コンピューター」「世界の原子力事情」など。

最新刊の詳細を見る

関心テーマから記事を探す

防災教育を考える記事読み比べ
東日本大震災医療関連記事読み比べ
輝く「リケジョ」~理系の魅力を広げる~
地震痕跡から探る
学校の安全~地域・学校で子どもを守る
南海トラフ沿い地震で被害想定が公表
病院経営の重要テーマに浮上 災害時の医療管理術とは?
地震のメカニズムを調べる、海洋研究開発機構
ページトップ