日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > テーマ別記事 > 科学と環境版 > 地震学 > 記事詳細

関心テーマ・地震学
地震学
気象庁把握できないM5以上の地震430回 震災後25時間で ​東日本大震災後25時間の間に気象庁が把握できなかったマグニチュード5以上の地震が430回以上発生していたことが、ハーバード大の石井水晶准教授らの解析で分かりました。レーダーで探知されにくいステルス戦闘機になぞらえ、「ステルス地震」と名付けています。

これらのテーマが毎号掲載!あなたも定期購読してみませんか?

科学と環境版 最新刊紹介

地震研究~災害大国の使命とは~

発刊号 : 2017年12号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
数量

商品概要

大規模地震対策特別措置法(大震法)が40年ぶりに改定。予知に関して、これまでの「可能」から困難に方針を変え、それを前提に、いかに災害を減らしていくかに舵を切りました。首都直下型や東海・南海などの大規模地震に対してどう備えればいいのか、地震最新研究と共にご紹介します。今号のピックアップトピックスは「2017年ノーベル賞」「天体観測」など。

最新刊の詳細を見る

関心テーマから記事を探す

東日本大震災医療関連記事読み比べ
防災教育を考える記事読み比べ
原発廃炉へ~核燃料を取り出す技術~
民間から宇宙へ~人工衛星に夢をのせて~
世界の原発~理想と現実の狭間で~
淡路島地震で鶏1700羽がパニック死?
首都直下型地震の被害想定
津波堆積物から地震履歴を調査
ページトップ