日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > テーマ別記事 > 福祉ニュース高齢福祉編 > 認知症介護 > 記事詳細

関心テーマ・認知症介護
認知症介護
若年性認知症の理解と対策を考えます 65歳以下の人と定義される若年性認知症は、周囲の理解が進みにくい課題があります。厚生労働省2009年の推計では、全国の若年性認知症患者は37750人。原因は脳血管障害などが多いのですが、働き世代の発症であり、経済的にも大きな問題を抱えています。高齢者と比較し体制の不備も指摘されており、社会全体で課題と対策を考える必要がありそうです。

これらのテーマが毎号掲載!あなたも定期購読してみませんか?

福祉ニュース高齢福祉編 最新刊紹介

人材不足解消への一手~施設で挑む質の向上~

発刊号 : 2018年4号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
数量

商品概要

介護人材の不足解消へ、官民一体で取り組む人材確保策が今回のテーマ。ITを使った生産性向上、男性介護士の増加、仕事を細分化した求人などさまざまな手法をご紹介します。今号のピックアップトピックスは「介護ロボット普及の課題」「介護・診療報酬改定」など。

最新刊の詳細を見る

関心テーマから記事を探す

認知症ケア記事 読み比べ
若年性認知症~求められる支援とは~
からだとトイレ~大切なお尻のはなし~
喫煙のリスク~最初の一本に火をつけない~
経済的困窮者多い若年性認知症の人に朗報
若年性認知症の介護問題を考える
ページトップ