日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 読み比べシリーズ > 商品詳細

読み比べシリーズ

認知症ケア記事 読み比べ

発刊日 : 2015/05/25
価格 : \2,160(送料・税込)
配本日 : 2015年5月20日
サイズ : A4
ページ数 : 120ページ
記事掲載期間 : 2014年3月13日~2015年2月24日

この商品は完売しました

認知症ケア記事 読み比べの目次

商品概要

超高齢化社会到来で国も戦略づくりを進める認知症対策。家族・地域・行政・医療、介護の役割などを中心に、認知症ケア記事を読み比べシリーズとして発刊しました。症状の緩和に向けた動き、財産・安全保護など最新のケアや社会システムのあり方を学びます。

芸術等鑑賞、排泄物、精神科
施設の認知症ケア
芸術・ゲームを使った療法
​▼米国認定 音楽療法
▼血流活発、リラックス ダンスセラピー
▼美術鑑賞 その後感想語り合い 米国生まれの手法
▼ゲームや歌を楽しむ院内デイサービス
排泄物のケア
▼おむつ「あたりまえ」を改善する
精神科病院
認知症 精神科病院=読売連載
など。


国・自治体の施策、支援モデル、財産・安全保護
地域・社会の認知症ケア​▼地域で暮らし続ける社会の仕組みを 国 省庁超え戦略
▼予防のためのまちづくり提唱 浦上克哉鳥取大医学部教授
▼30分圏内 「顔が見える」認知症医療で注目の熊本モデル
▼加害者・認知症患者の事故と家族の責任問題
▼高齢者の見守りと地域・社会の役割
▼財産保護と後見人
など。
社会参加、社会脳、家族の負担、若年性認知症
当事者・家族の思い​▼支えられる人から参加する人へ 社会参加の仕組みづくり
▼周囲の気遣い保つ「社会脳」ダメージで認知症の症状が・・・
▼在宅介護負担感7割 社会からの孤立をどう防ぐ
▼若年性認知症 進まぬ社会の理解
▼「若年性認知症と生きる」南日本新聞連載
など
早期受診の課題、救急医療、行方不明者、高齢者虐待
調査・データ​▼「疑い」から受診まで9ヶ月半 家族の会データ
▼認知症患者の救急医療 困難94% 診療拒否体験約7%
▼24年度 行方不明者9600人 警察庁調べ
▼施設職員からの虐待が最多 高齢者虐待13年度1万6000件
など。
ページトップ