日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > テーマ別記事 > 福祉ニュース高齢福祉編 > 介護予防 > 記事詳細

関心テーマ・介護予防
介護予防
​運動やコミュニケーションで脳の活性化 認知症改善に取り組みます ​運動やコミュニケーションが脳の活性化を促し、認知症改善に効果があることが確認されています。このうち、信州大学の実験では、毎週4回の運動を2カ月間続けたところ、認知症高齢者の活動量が増し、自ら歩き始めるなどの効果を確認しました。このほか、ダーツや思い出話など、運動やコミュニケーションで認知症改善に取り組む記事などを収録しています。
これらのテーマが毎号掲載!あなたも定期購読してみませんか?

福祉ニュース高齢福祉編 最新刊紹介

認知症支援の輪~みんなでひろげよう~

発刊号 : 2017年12号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
数量

商品概要

認知症への正しい理解を深め、早期発見や適切なケアを。医療・介護・地域や家族、またはサポーターといった認知症患者を取り巻く世界をご紹介しながら、認知症支援の輪を広げる取り組みをご紹介します。今号のピックアップトピックスは「遠隔医療のいま」「体力・筋力アップへ」など。

最新刊の詳細を見る

関心テーマから記事を探す

食のケア関連記事読み比べ
在宅ケア記事読み比べ
認知症ケア記事 読み比べ
対話と共感 患者との幸福な関係
看取りの場所~人生の最期を支える~
旅行したい~豊かな刺激を求めて~
高齢者の社会的権利保護と事故防止の両立
認知症の早期発見診断に地域医療システムの構築へ
グループホーム火災
ページトップ