日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > テーマ別記事 > 医療と安全管理総集版 > 医療倫理 > 記事詳細

関心テーマ・医療倫理
医療倫理
出生前診断による中絶 10年前から倍増 ​出生前診断で胎児の異常が分かったことを理由に中絶した妊婦が2005年度から09年度の5年間で6千件と、10年前と比較して倍増していることが、日本産婦人科医会の調査で分かりました。一方で、必ずしも診断が当たるものではないこと、また専門医の不足も指摘されており、医療倫理上、十分な説明・相談が必要であることも指摘されています。

これらのテーマが毎号掲載!あなたも定期購読してみませんか?

医療と安全管理総集版 最新刊紹介

地域の医師育成~住民とともに成長したい~

発刊号 : 2017年11号
年間購読料 : \23,940(送料・税込)
数量

商品概要

偏在化が指摘される医師の配置。特に地方の医師不足は深刻で、「地域枠」も想定の効果を出せていません。どうすれば地方の医師不足は解消できるのか、制度だけでなく住民密着型の「やりがい」にも目を向ける必要がありそうです。今号のピックアップトピックスは「AI活用」「終末期の意思決定」など。

最新刊の詳細を見る

関心テーマから記事を探す

学校現場の取り組み~特別支援教育~
グリーフケア
ピア・サポート~生きづらさを分かち合う~
新型出生前診断を民間会社があっせん
出生前診断の是非
新型出生前診断 技術と倫理の狭間
ページトップ