日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 医療と安全管理総集版 最新刊紹介

医療と安全管理総集版 最新刊紹介

終末期の家族支援~看取りの前も後も〜

発刊号 : 2017年4号
年間購読料 : \23,940(送料・税込)
配本日 : 2017年2月28日
サイズ : A4
ページ数 : 120ページ
記事掲載期間 : 2017年1月1日~31日
数量
2017年4号の目次
2017年4号の索引
総索引CSV

商品概要

国による在宅医療への方向転換で終末期の看取りがクローズアップされています。住み慣れた自宅での最後を希望する人が多い中で、その大半が実現できていない現実。本人・家族にとって望む「看取り」のあり方について考える特集です。今号のピックアップトピックスは「憩いの病院づくり」「医学生を呼び込むまち」など。

特集概要
終末期の家族支援~看取りの前も後も〜 ▼徳島新聞連載「最期まで自分らしく 第1部家族のみとり」収録
▼配偶者を失う「没イチ」同士で支え合う
▼救急センターによる遺族の「悲嘆ケア」神戸・中央市民病院
など。

今号のピックアップトピックス
憩いの病院づくり ​憩いの病院づくり
患者目線 企画次第で心なごむ病院に
医学生を呼び込むまち
医師確保が自治体存続の大きなカギに
被災地医師の課題
被災地医療の担保に全力 福島・広野町高野病院長の死 
子宮頸がんワクチン
下野新聞連載「彷徨う針 子宮頸がんワクチンの行方」収録
継続トピックス:医療従事者、養成・研修、技術・療法
(技術・療法)リハビリ用をロボット開発 このジャンルの注目ヘッドライン
(医療従事者)過酷勤務 看護師の働き方改革の現実度
(養成・研修)愛知県立大看護学部 認知症患者の対応学ぶ
(技術・療法)リハビリ用をロボット開発 九大医学部・工学部
など。
継続トピックス:病院運営、連携・ネットワーク、患者・家族支援、移植医療、ターミナルケア・緩和ケア、医療倫理、救急医療​
(病院運営)診察待ち時間の短縮研究 このジャンルの注目ヘッドライン
(病院運営)診察待ち時間の短縮研究 広島国際大経営学部医療経営学科
(在宅医療)「半数経験」訪問看護師に対する暴力 
(連携・ネットワーク)認知症ケアをチーム医療で 愛媛・松山赤十字病院
(患者・家族支援)
病院内にサテライトオフィス がん患者離職防止に厚労省
(移植医療)臓器ネット 脳死心臓移植の患者選定にミス
医療倫理エイズパニックから30年 啓発の悩みは今も
(精神医療)精神障害者による家族への暴力 6割が経験 専門家が解説本出版
(救急医療医療用小型ジェット機 国内初導入へ 北海道で
など。

継続トピックス:医薬品、医療行政・人事
(医薬品)オプジーボに高まる期待 このジャンルの注目ヘッドライン
(医薬品)オプジーボに高まる期待 患者の肉声は?
(医療行政)精神科の長期入院 約4万人削減方針 厚労省
など。
継続トピックス:医療安全、災害に備える
(医療安全)医療ミス裁判への疑問 このジャンルの注目ヘッドライン
(医療安全)医療ミス裁判への疑問 弁護士が本発刊
(医薬品の安全)暴力や徘徊を誘発 抗認知症薬の副作用
(災害に備える)東日本大震災 住宅被害の高齢者で認知症進行
など。
過去の記事一覧を見る
ページトップ