日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > テーマ別記事 > 科学と環境版 > 地震学 > 記事詳細

関心テーマ・地震学
地震学:地震予知
周期説の信用どこまで?巨大地震発生メカニズム解明の動き活発化 ◎大地震は予測できる?周期説を検証する
◎東日本大震災以降に断層が活発化 東北から中部にかけ顕著
◎地震学会異例の「反省会」 防災に役立つ研究かを自問

これらのテーマが毎号掲載!あなたも定期購読してみませんか?

科学と環境版 最新刊紹介

地震研究~災害大国の使命とは~

発刊号 : 2017年12号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
数量

商品概要

大規模地震対策特別措置法(大震法)が40年ぶりに改定。予知に関して、これまでの「可能」から困難に方針を変え、それを前提に、いかに災害を減らしていくかに舵を切りました。首都直下型や東海・南海などの大規模地震に対してどう備えればいいのか、地震最新研究と共にご紹介します。今号のピックアップトピックスは「2017年ノーベル賞」「天体観測」など。

最新刊の詳細を見る

関心テーマから記事を探す

遊べる自由研究
夏休みの自由研究~家庭でできる理科実験~
人工知能の可能性~技術の進歩と人間の領域~
イタリア地震学者 有罪の波紋
日本地震学会 他分野連携など再構築
ページトップ