日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > テーマ別記事 > 社会版 > 遺跡発掘 > 記事詳細

関心テーマ・遺跡発掘
遺跡発掘
大宝律令前 最古の木簡を発見 ​福岡県大宰府市の国分松本遺跡で、大宝律令前の最古の遺跡と目される木簡が発掘されました。中央主権国家が完成したされる前の発見で、国の統治機構の在り方議論に一石を投じることになりそうです。社会版2012年9号で詳しく紹介されています。

社会版最新刊はこちら
社会版過去の刊行物はこちら
遺跡発掘に関する過去の話題はこちら
これらのテーマが毎号掲載!あなたも定期購読してみませんか?

社会版 最新刊紹介

ノーベル平和賞~核廃絶運動がもたらすもの~

発刊号 : 2017年12号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
数量

商品概要

2017年のノーベル平和賞に、国際非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」が選定されました。核兵器禁止条約制定に貢献したことが理由。被爆地・広島、長崎はこれを評価、一方で、核保有国は反発、日本政府は公式見解を出していません。核なき世界へ、どうすれば世界は歩めるのかを考えます。今号のピックアップトピックスは「衆院選と主権者教育」「ドイツ総選挙」など。

最新刊の詳細を見る

関心テーマから記事を探す

円安の影響~景気回復の兆しは見えるのか~
子育て応援隊~地域住民 結びます~
経済指標とは~GDPと暮らしの関わり~
ページトップ