日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > テーマ別記事 > 医療と安全管理総集版 > 医療連携 > 記事詳細

関心テーマ・医療連携
医療連携
認知症の早期発見診断に地域医療システムの構築へ ​認知症の早期発見、早期診断などを目的に、かかりつけ医、専門医、地域ケア人材の連携を進める体制整備を厚労省が行う計画を立てています。同省の調べでは、介護の必要な認知症患者は12年で300万人を突破。地域での診療システムの構築が求められています。

これらのテーマが毎号掲載!あなたも定期購読してみませんか?

医療と安全管理総集版 最新刊紹介

地域の医師育成~住民とともに成長したい~

発刊号 : 2017年11号
年間購読料 : \23,940(送料・税込)
数量

商品概要

偏在化が指摘される医師の配置。特に地方の医師不足は深刻で、「地域枠」も想定の効果を出せていません。どうすれば地方の医師不足は解消できるのか、制度だけでなく住民密着型の「やりがい」にも目を向ける必要がありそうです。今号のピックアップトピックスは「AI活用」「終末期の意思決定」など。

最新刊の詳細を見る

関心テーマから記事を探す

認知症ケア記事読み比べ②
社説・論説読み比べ 2011年大晦日&2012年元日
食のケア関連記事読み比べ
高齢化先進国
高齢者の食事~「おいしい」をいつまでも〜
民生委員と共に~独りにさせないために~
若年性認知症の理解と対策を考えます
​運動やコミュニケーションで脳の活性化 認知症改善に取り組みます
供給過多?薬剤師に求められる新たな役割
ページトップ