日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > テーマ別記事 > 医療と安全管理総集版 > 医療連携 > 記事詳細

関心テーマ・医療連携
医療連携
認知症の早期発見診断に地域医療システムの構築へ ​認知症の早期発見、早期診断などを目的に、かかりつけ医、専門医、地域ケア人材の連携を進める体制整備を厚労省が行う計画を立てています。同省の調べでは、介護の必要な認知症患者は12年で300万人を突破。地域での診療システムの構築が求められています。

これらのテーマが毎号掲載!あなたも定期購読してみませんか?

医療と安全管理総集版 最新刊紹介

がん患者と情報~看護師が相談役に~

発刊号 : 2018年3号
年間購読料 : \23,940(送料・税込)
数量

商品概要

がん患者への適切な情報提供やコミュニケーションを考える特集です。背景にあるのは、ネット上の不適格な情報、または治療技術の進歩による多様な選択肢。医師と患者の橋渡しと看護師の役割も重要視されています。今号のピックアップトピックスは「医療の偏見を考える」「難病の啓発活動」など。

最新刊の詳細を見る

関心テーマから記事を探す

食のケア関連記事読み比べ
社説・論説読み比べ 2011年大晦日&2012年元日
認知症ケア記事読み比べ②
レクリエーション~わくわくしたい~
進む脳科学~脳から人を知る~
からだとトイレ~大切なお尻のはなし~
家族支援の限界?増加する高齢者虐待
ケアマネージャーが集う場 介護予防などの勉強会
ロボットセラピー 認知症患者など対象に普及
ページトップ