日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 社会版 最新刊紹介 > 社会版 過去の特集・注目コンテンツ > 社会版 過去の特集・注目コンテンツの詳細

社会版 記事の詳細

ネットと政治~政治のネット活用を考える~

発刊号 : 2013年4号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
配本日 : 2013年3月13日
サイズ : A4
ページ数 : 96ページ
記事掲載期間 : 2013年1月11日~2月10日
数量

商品概要

社会版から4号からリニューアル!第一弾の特集は「ネットと政治」です。次期参院選に向け、各党が模索するネット選挙の解禁。候補者自らの情報発信が強化される一方、過度な好意、反感が増長する恐れがあり、選挙の公平性担保について疑問視する声もあります。米国、韓国諸外国の動きも交えて記事を収録しました。ピックアップトピックスは「海外進出のリスク」「報道の自由」など。

特集概要
ネットと政治~政治のネット活用を考える~ ​▼メール、SNSも ネット選挙各党の動きと思惑
▼ツイッターで即時評価されていた米・大統領選
▼選挙運動のネット利用賛成は61% 民意は成熟しているか
▼既存メディア排除 「都合のいいことばかり」発信されることにならないか?
など。



今号のピックアップトピックス
報道の自由 これからの暮らし
新年度予算、新税制から変わる私たちの暮らしの変化に関する記事を集めました。
海外進出のリスク
アルジェリアで起きた人質事件。一方で増すエネルギーのアフリカ依存。需要があるものの政治的不安定要素が残る海外進出リスクを考察
報道の自由
原発対応の不透明さから急速ダウンの日本の報道の自由性、人質事件の匿名発表をめぐる報道と人権の問題など
阪神大震災18年
今年もやってきた1.17 復興格差や東日本大震災が及ぼした阪神淡路大震災検証の影響
水俣条約
水銀の排出を規制する水俣条約採択へ
歴史学の今​
定説となって歴史教科書にも載っている「事実」の検証 朝日「歴史のズレ」連載などを掲載
継続トピックス:国際、政治、憲法・司法
(憲法・司法)通信傍受可能範囲の拡大を探る法制審議会
このジャンルの注目ヘッドライン
​(国際)アルジェリア人質事件の背景に「アラブの春」政情不安定で過激派の温床に
(政治)新潟県柏崎原発再稼働 原発住民投票条例を県議会が否決は、議会の責任放棄か
(憲法・司法)進展しない取り調べ可視化の一方で、通信傍受可能範囲の拡大を探る法制審議会
など。 

継続トピックス:経済、資源、予算・税金
(資源)原発除染作業で発覚した「手抜き」
このジャンルの注目ヘッドライン
​(経済)封印されてきたインフレターゲットついに解禁 日銀への賛否
(資源)原発除染作業で発覚した「手抜き」に、海外から「あの日本で?」の声
(予算・税金)13年度予算案決定 研究・投資減税や住宅・自動車減税
など。
継続トピックス:現代生活、発掘・発見、地理・文化
(現代生活)生活保護費は、他の生活支援制度の「目安」このジャンルの注目ヘッドライン
(現代生活)生活保護費は、他の生活支援制度の「目安」 引き下げは、最低賃金の低下にも影響するとの声
(発掘・発見)中大兄皇子と中臣鎌足「出会いの場」発見は日本書紀の記述どおり
(地理・文化)ミャンマー、カンボジア 相次いで支援・進出方針を打ち出した政府と経団連
など。






ページトップ