日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 福祉ニュース高齢福祉編 最新刊紹介 > 福祉ニュース高齢福祉編 過去の特集・注目コンテンツ > 福祉ニュース高齢福祉編 過去の特集・注目コンテンツの詳細

福祉ニュース高齢福祉編 記事の詳細

若年性認知症

発刊号 : 2012年3号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
数量

商品概要

特集は「若年性認知症」。若年性認知症とは、64歳以下で発症する認知症で、全国で患者数は約37800人とされています。40代から50代の働き盛りの人が多く、発症すると仕事に支障をきたし、退職に追い込まれるケースがあり生活に困窮することがあるほか、社会の理解も進んでいない実態があります。特集は、若年性認知症に関する記事18本(連載記事を含む)を収録しました。注目記事は「居心地のよい特養とは」「介護、中国市場を狙え」など。

特集概要とタイトル抽出
若年性認知症 ​働き盛りで若年性認知症を発症すると、退職を余儀なくされるケースが多く生活に困るケースが続出しています。他方、高齢者の認知症と比べ「周囲が気づかない」「介護福祉サービスを受けていない」など、若年性ならではの問題も。各県の実態調査についての記事や周囲の理解をどう進めるかなどの記事が掲載されています。

タイトル一例
▽若年性認知症 家族も苦悩(8.22・北海道)▽連載・想いを重ねて 第1部 ルポ若年性認知症(10.7~12.9・下野)▽若年性認知症 6割が退職(中国)▽「若年性」患者 どう支援(7.16・熊本日日)

福祉ニュース高齢福祉編ジャンル:福祉を考える
「医師・看護師だけ」を解禁・・・たん吸引 高齢者施設でも ​◎人生の最後、どこで迎える?「殆どの死は病院で」の実態 
◎高齢者の尊厳と家族介護の困難さ お互いに負担のない社会をつくるには?  
◎たん吸引、高齢者施設で容認へ 受入拡大で歓迎の声も、職員研修に課題
など、福祉全般に関する記事が掲載されています。
福祉ニュース高齢福祉編ジャンル:高齢社会=生活環境、学習・社会参加、社会保障・行政など
病気、防犯、身のまわり・・・高齢者の安全・安心対策 ​◎シニアのお宅安全度チェック!高齢生活研究所からの提言
◎「通りから見通せる」「施錠しっかり」 独り暮らしのための防犯対策
◎肺炎、インフルエンザ、ノロウィルス 高齢者の病気予防対策は?
など、高齢社会に関する記事が掲載されています。
福祉ニュース高齢福祉編ジャンル:介護関連=ケアマネジメント、介護予防
認知症の改善事例を学ぼう ​◎認知症改善事例を学ぶ 音読・計算・コミュニケーション
◎おしゃれで元気、心も豊かに ファッションセラピーやお化粧の事例
◎認知症高齢者施設と、子育て支援施設が同居 心に張り生まれる
など、介護関連の記事が掲載されています。
福祉ニュース高齢福祉編ジャンル:介護関連=在宅介護、施設介護、介護保険制度
バリアフリー施設の紹介など・・・高齢者の外出支援  ​◎高齢者の外出支援 バリアフリーの施設など紹介する拠点施設が金沢に
◎療養病床選ぶコツ 「情報開示への姿勢」など複数の注目ポイント
◎介護施設増加をどう考える?希望者増も、自治体の保険料負担大きく
など、介護関連の記事が掲載されています。
福祉ニュース高齢福祉編ジャンル:介護事業者・介護者=介護事業者、介護者・教育・研修
100兆円産業の可能性 日本式介護、中国で開け  ​◎きめ細かな日本式介護、中国で急成長の予感
◎介護人材確保へ 中高生に仕事説明会
◎介護の実体験「後輩に伝えたい」 感謝の気持ちを漫画で表現
など、介護事業者。介護者関連の記事が掲載されています。
福祉ニュース高齢福祉編ジャンル:介護事業者・介護者=家族関係、ボランティア、福祉・介護機器
男性介護は約3割 「男は我慢」介護でも・・・ ​◎グループホームでけが負う事故増加 背景に人手不足
◎介護する男性約3割 「女性の仕事」変わりゆくさま 男性介護の特徴は?
◎小学生が高齢者の「お宅訪問」 安否確認とコミュニケーションなど複合的効果
福祉ニュース高齢福祉編ジャンル:その他
介護現場に役立つ本などを紹介します ​◎認知症介護ストレス防止に役立てて 夫との体験談 本に
◎嚥下機能回復につながるゲーム集 「介護現場に役立てて」
◎「認知症は怖くない」医学部教授が出した本の紹介
など、出版物関連の記事が紹介されています。
ページトップ