日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 食と生活版 最新刊紹介 > 食と生活版 過去の特集・注目コンテンツ > 食と生活版 過去の特集・注目コンテンツの詳細

食と生活版 記事の詳細

勝ちメシの作り方

発刊号 : 2012年5号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
数量

商品概要

特集は「勝ちメシの作り方」。テーマは、スポーツと食事です。アスリートの食事や育ちざかりの子どもの食事に関する記事16本を収録しました。アスリートにとって、いつ何を食べるかは大変重要な問題です。また強化するポイント、例えばそれが持続力なのか、瞬発力なのかによっても食べるもの、摂取量などに変化が生じます。特集ではこうした用途、対象となる人によってスポーツと食事の在り方を専門家の見地を含め、読み比べ・考察することができます。注目記事は「男前が料理の腕前披露」「学年上がれば 給食なぜか小食」など。

特集概要とタイトル抽出
勝ちメシの作り方 テーマであるスポーツと食事について「エネルギー補給」「疲労回復」「体づくり」「企業の研究開発」などの分野において、大学・栄養士などの専門家の見地を入れながら記事を読み比べることができます。アスリートはもちろん、スポーツ科学や管理栄養士などを目指す人にとって必見の特集記事です。

タイトル一例
▽偏食 イマどきアスリート(11.19・朝日)▽アスリート食でVを狙う(1.23・朝日)▽練習内容ごとに栄養補給を(1.22・熊本日日)▽レース後の疲労回復(11.30・神戸)


食と生活版ジャンル:食の背景(計11本)=食糧事情(4)食の歴史・文化(1)地域と食(6)
輸入米が全体消費量の半分に 試算を大学教授が発表しました ​このジャンルの注目ヘッドライン
◎TPPで輸入米の消費量が全体の半分に 九州大学教授が試算を発表しました。
◎宇都宮ギョーザが日本一の座を16年ぶりに明け渡しました。
◎地域の伝統食 滋賀・大津市の納豆餅は、表面に「きなこ」
食と生活版ジャンル:食品と安全(計27本)=生産現場(3)生産者と会う(2)食品流通(3)食品表示と規格(8)食品と消費者(9・連載含む)食品の安全・衛生(2)
農水省が100ベクレル超(11年産)もコメの作付けを容認しました このジャンルの注目ヘッドライン
◎宮城・福島県の57地区で、農水省が100ベクレル超(11年産)もコメの作付けを容認しました。
◎新規就農者支援で住宅も 熊本・産山村でホウレンソウを使い過疎化対策を進めています。
◎食品表示ルール 消費者庁が関連法律一元化など抜本的改正に乗り出します。
食と生活版ジャンル:料理の知識(計7本)=調理器具(2)レシピ(5)
煮込みに最適なホーロー鍋あれこれを紹介しています このジャンルの注目ヘッドライン
◎女子心くすぐるデザイン、煮込みに最適なホーロー鍋あれこれを紹介しています。
◎新芽野菜(スプラウト)活用レシピ 素材のうまみ生かしましょう。
◎フランス人シェフの手帳サイズレシピ本。持ち出せばお買い物も楽しくなります。
食と生活版ジャンル:望ましい食生活(計14本)=食の習慣(4)現代の食生活(10)
大切な朝食の知恵を賢くとる術を紹介しています ​このジャンルの注目ヘッドライン
◎素早くシリアル、ストック活用・・・大切な朝食の知恵を紹介しています。
◎女性意識のTV番組 イケメン採用の料理番組は、時代を象徴しています。
◎信号より多いうどん店 香川県の「うどん力」を数字で探ります。
食と生活版ジャンル:栄養と健康(計12本)=食と健康(7)基礎栄養学(4)公衆栄養学(1)
牛の「初乳」で食品開発が検討されています ​このジャンルの注目ヘッドライン
◎トランス脂肪酸の健康影響評価を内閣府・食品安全委員会がまとめました。
◎感染症防ぐ免疫グロブリンなど多く含有 牛の「初乳」で食品開発が検討されています。
◎飲料だけでなく菓子にも・・・トマト人気が真っ赤に熟しています
食と生活版ジャンル:食に関する指導と食育(計9本)=食育(4)学校給食(5)
データベース活用で、健康づくり、病気予防調べられます
このジャンルの注目ヘッドライン
​◎国立健康・栄養研究所のデータベース活用で、健康づくり、病気予防調べられます。
◎食育先進国・イタリアの食育紹介本が掲載されています。
◎気になるのはダイエット?中学生の給食で学年が上がるほど摂取量が減少しています。
食と生活版ジャンル:生活の話題(計15本)=住居(4)家計・家庭経営(6)家族・地域社会(5)
「単身女性の約3割が貧困」調査結果がまとまりました ​このジャンルの注目ヘッドライン
食洗機「活用できない家電第1位」世界では使われています。
◎単身女性の約3割が貧困 国立社会保障・人口問題研究所の調べでわかりました。
◎「うち飯」志向上昇 総務省家計調査で節約志向が鮮明になりました。
ページトップ