日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 医療と安全管理総集版 最新刊紹介 > 医療と安全管理総集版 過去の特集・注目コンテンツ > 医療と安全管理総集版 過去の特集・注目コンテンツの詳細

医療と安全管理総集版 記事の詳細

情報技術と医療

発刊号 : 2012年4号
年間購読料 : \23,940(送料・税込)
数量

商品概要

特集は「情報技術と医療」。ITの活用が医療の世界でも広がっています。電子カルテの情報共有、ロボット手術映像を3Dとして遠隔地へ配信、退院患者の在宅健康管理などが一例。医療と情報技術の在り方や課題について関連記事18本を収録しました。注目記事は、「総合内科医の重要性」「人生を変えた医師の一言」など。

特集概要とタイトル抽出
IT化が進む医療現場の最新情報が分かります ​医療現場で進む情報技術の事例を数多く集めました。例えば、電子カルテの病院間共有、企業の健康管理支援を行うベンダーの情報、治験情報を製薬会社がネットで閲覧可能にするシステムなど。しかし、維持コストや個人情報の問題も課題として挙げられているものもあります。迅速な医療や技術開発、僻地との医療格差などに役立つITと医療の関係を、特集記事から読み解いてください。

タイトル一例
▽ITで変わる医療機関(2.3・日刊工業)▽電子カルテ 病院間共有(1.29・山陽)▽ロボ手術 3D中継(2.16・中日)▽ICTで在宅管理徹底へ(1.23・佐賀)

医療と安全管理総集版ジャンル:医療総合=医療従事者(17)
がん治療の名医・兵庫医科大の笹子さんのポリシーとは? ​このジャンルの注目ヘッドライン
◎子どもの死亡率世界一のソマリアで従事の医師が、国家救援医の本を出版しました。
◎がん治療の名医・兵庫医科大の笹子さんのポリシーがインタビュー記事で掲載されています。
◎医師も患者も根強い専門医志向 総合内科医の必要性が高まっています。
医療と安全管理総集版ジャンル:医療総合=医療技術(14)
ロボット手術の訓練施設が、愛知に開設されますこのジャンルの注目ヘッドライン
◎筋肉の骨化 希少難病の少年からの皮膚細胞の提供によるiPS細胞をつくり、骨に変化させることに京大グループが成功しました。
◎全国初の試み ロボット手術の訓練施設が、愛知に開設されます。
◎「片まひ歩行」を補助するロボットスーツを、名工大が開発しました。今後福祉現場での実証実験を開始します。
医療と安全管理総集版ジャンル:医療総合=医療倫理(14)
移植医療の費用明細を詳しく知りたい人へ
このジャンルの注目ヘッドライン
​◎HIV感染の看護師を強制休職 厚労省ガイドラインとの整合性が問われています。
◎身近になった移植医療 費用明細が解説されています。
◎死生学研究について、院生と市民の活発な議論が甲南大公開講座で開催されました。
医療と安全管理総集版ジャンル:医療総合=病院関連(17・連載含む)患者関連(10)
被災地の医療崩壊防止に地域医療連携が進んでいます ​ ​このジャンルの注目ヘッドライン
◎震災、原発・・・被災地の医療崩壊防止に地域医療連携が進んでいます。
◎妊婦の不安解消「助産師外来」が産科医不足の北海道で増えています。
◎娘の死・・・無縁の骨髄移植コーディネーターを始めた母親の話が紹介されています。
医療と安全管理総集版ジャンル:医療総合=医療費・保険(10)医療行政(8・連載含む)
愛知県が不妊治療助成幅の見直しを行います
このジャンルの注目ヘッドライン
​◎医療費明細書を電子照合 無駄な診療洗い出しへ厚労省が乗り出します。
◎人工授精のみ 愛知県が不妊治療助成幅の見直しを行います。
◎「具体性ない」働き盛りがん患者に対する北海道の支援策に批判が出ています。
医療と安全管理総集版ジャンル:医療総合=医薬品(14)
不眠治療薬の開発が進んでいますこのジャンルの注目ヘッドライン
◎高齢者の薬飲み残し問題解消へ 薬剤師の訪問指導の実効性が問われています。 
◎製法特定の特許医薬品 知財高裁が保護範囲の判断を示しました。
◎副作用大幅減 金沢大学で不眠治療薬の開発が進んでいます。

医療と安全管理総集版ジャンル:医療安全管理総集=医療安全管理(28)
母乳育児の固執に警鐘が鳴らされています ​ ​このジャンルの注目ヘッドライン
◎ネット通販による偽造医薬品被害増に、厚労省が対策に乗り出します。
◎米食品医薬品局(FDA)公開の薬の服副作用報告を日本語でDB化 京大教授らが開発しました。
◎高齢出産 特にリスク高く 母乳育児の固執に警鐘が鳴らされています。
ページトップ