日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 科学と環境版 最新刊紹介 > 科学と環境版 過去の特集・注目コンテンツ > 科学と環境版 過去の特集・注目コンテンツの詳細

科学と環境版 記事の詳細

ロボットと働く~協業する未来へ~

発刊号 : 2014年3号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
配本日 : 2014年2月14日
サイズ : A4
ページ数 : 96ページ
記事掲載期間 : 2013年12月6日~2014年1月15日
数量

商品概要

災害救助、インフラ老朽化、農業、医療など多分野においてロボットの活躍が期待されています。米国ではグーグルがインターネットの次の成長分野として注目。ロボットの活用は、人間の労働力の代わりに加え、ロボットの目を活用した高度利用も可能で、人間とロボットが同じ空間で働く時代はすぐそこまで来ています。関連記事をまとめました。ピックアップトピックスは「安全運転システム」「3Dプリンターの可能性」など。

特集概要
ロボットと働く~協業する未来へ~ ▼​災害対応、インフラ点検・・大学、企業の研究進む
▼ネットの「次」に期待をかけるグーグル、アマゾン  日本企業は警戒
▼自動収穫機やアシストスーツ 農業分野にもロボット活躍の期待
▼医療、介護、健康分野へのロボット活用の可能性
など。

全国85紙の新聞記事から科学の「今」を読み解く!

今号のピックアップトピックス
安全運転システム
安全運転システム
どこまで制御可能?自動車の自動運転 鉄道では、140年ぶり衝突防止システム 
3Dプリンターの可能性
ものづくりを変えるポテンシャル 一方で日本のアドバンテージ失う可能性も
未開地「北極圏」
温暖化が背景に 資源、航路など北極圏を巡る各国の新たな産業戦略
2013年科学回顧​
イプシロン、ヒッグス粒子・・・2013年、科学の世界では何が起きた?
継続トピックス:自然、生物、地震
(生物)サバがマグロを産む日 このジャンルの注目ヘッドライン​
(自然)日本の温室効果ガス排出量増加 大きな原因は消費電力 
(生物)マグロ減少の切り札?サバがマグロを産む日
(地震)2万3000人が死亡 首都直下型地震被害想定発表
など。

継続トピックス:原子力、エネルギー、宇宙開発、技術
(エネルギー)人工光合成からつくるエネルギー このジャンルの注目ヘッドライン​
(原子力)原発の型おさらい 東の「沸騰水」西の「加圧水」
(エネルギー)新たな「お家芸」の期待 人工光合成からつくるエネルギーの研究競争
(宇宙開発)イプシロン6年間の旅路へ 向かう小惑星に期待されるものは? 
(技術)益々需要拡大 海から飲料用水に生かされるのは日本の「膜」技術
など。
継続トピックス:ライフサイエンス、化学、理科教育、科学ニュース
(数学)医療で期待される数学の応用 このジャンルの注目ヘッドライン​
(ライフサイエンス)ニューロン(神経細胞)再生技術 慶大、理化学研究所が開発 認知症治療に期待
(数学)医療で期待される数学の応用 データ活用し予測、解析
(理科教育)機械、土木・・・高まるリケジョへの期待 経済効果も約3千億円
(科学ニュース)独法研究者 成果次第では高額所得も 公務員給与水準から見直しへ
など。

全国85紙の新聞記事から科学の「今」を読み解く!
ページトップ