日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 科学と環境版 最新刊紹介 > 科学と環境版 過去の特集・注目コンテンツ > 科学と環境版 過去の特集・注目コンテンツの詳細

科学と環境版 記事の詳細

「ムシ」に学ぶ~生態研究からの応用~

発刊号 : 2014年10号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
配本日 : 2014年9月14日
サイズ : A4
ページ数 : 96ページ
記事掲載期間 : 2014年7月16日~8月15日
数量

商品概要

個別の昆虫が持つ特性が科学に役立つ!そんな研究が進んでいます。群れて生まれる知能活かした情報通信技術の開発、極限環境でも生きるムシは、食品保存や医療分野に。蚊の針は痛くない注射針に、など自然の不思議に迫る関連記事を収録しました。ピックアップトピックスは「放射線の人体影響」「海の力で発電」など。

特集概要
「ムシ」に学ぶ~生態研究からの応用~ ​▼通信技術の発展に期待される「集団行動」の知能
▼滑らない昆虫の足の裏は、困難な場所でも突破できる水陸両用ロボット開発に
▼飛べないテントウムシは「生物農薬」に
など。

全国85紙の新聞記事から科学の「今」を読み解く!

今号のピックアップトピックス
放射線の人体影響 ​放射線の人体影響
情報輻輳する知らぬままの低線量被ばく
海の力で発電
熱水、波力・風力 発電実用化への道
恐竜の化石
化石から読み取る恐竜列伝
気象予報士になりたい
新聞記者の「気象予報士になりたい」記
継続トピックス:自然、環境、生物、宇宙、地球、地震
(環境)公海の危機 このジャンルの注目ヘッドライン​​
(自然)CO2 海底下封印作戦 北海道苫小牧沖で実証実験
(環境)公海の危機 環境汚染と乱獲 各国の制御範囲外で
(生物)動物最長 タコが卵抱える時期は4年半
(宇宙)1等星ベテルギウス終焉の時にガンマ線噴出か 地球への影響は?
(地球)太古のプレート活動分析 沈み込みの起源に迫る静岡大国際研究
(地震)地球の裏側からの津波 日本になぜ到達?
など。
継続トピックス:原子力、エネルギー、宇宙開発、技術、科学者
(宇宙開発)向井千秋さん 初飛行から20年 このジャンルの注目ヘッドライン​​
(原子力)放射線汚染の土から安全野菜栽培 広島国際学院大グループ
(エネルギー)風力発電伸展阻む「誤解」
(宇宙開発)向井千秋さん 初飛行から20年
(技術)偶然の産物 丸い結晶 将来は薬剤カプセルへの応用期待 
(ものづくり)大阪中小企業開発のボールバルブの底力
(科学者)腎臓再生臨床研究 開始時期は10年後めど iPS研究者の京大・長船教授
など。
継続トピックス:ライフサイエンス、物理、理科教育
(理科教育)子ども科学電話相談の舞台裏 このジャンルの注目ヘッドライン​​
(ライフサイエンス)日経産業新聞「がん攻略」連載記事全11回
(物理)元素誕生過程の謎解明の期待 魔法数とは
(理科教育)NHKラジオ 子ども科学電話相談の舞台裏
など。
ページトップ