日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 福祉ニュース高齢福祉編 最新刊紹介 > 福祉ニュース高齢福祉編 過去の特集・注目コンテンツ > 福祉ニュース高齢福祉編 過去の特集・注目コンテンツの詳細

福祉ニュース高齢福祉編 記事の詳細

若年性認知症~求められる支援とは~

発刊号 : 2014年10号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
配本日 : 2014年9月20日
サイズ : A4
ページ数 : 96ページ
記事掲載期間 : 2014年7月21日~8月20日
数量

商品概要

働き盛りを襲う若年性認知症が今号のテーマ。早期発見が大切な認知症ですが、年齢から初診で気付かないケースも。解雇・退職の不安、家族や地域の理解不足、自身のプライド喪失など様々な問題を抱えている若年性認知症への支援はどうあるべきかを考えます。ピックアップトピックスは「サ高住の今」「老老介護を支える」など。

特集概要
若年性認知症~求められる支援とは~ ▼現役世代を心身ともに追いつめる 「居場所を求めて」山梨日日連載​
▼相談窓口の不足や理解不足 孤立しやすく
▼働く場の確保どうする?企業向けの研修も

今号のピックアップトピックス
サ高住の今 ​サ高住の今
増加傾向も、サービス水準、採算性に課題も
老老介護を支える
ついに50%を突破 地域からの孤立を防ぐには?
要介護になる前に
少しずつ機能低下「フレイル」介護予防のポイントは気づきと支援
配食サービスの利用
低栄養防止を 上手に活用したい配食サービス
継続トピックス:健康と医療、高齢者の安全、認知症、高齢者の人権
(認知症)既存の胃薬を使ったアルツハイマー病対策 このジャンルの注目ヘッドライン
(健康と医療)脳梗塞、認知症患者らの後遺症が改善  高反発力グリップの研究成果
(高齢者の安全)高齢者のエスカレータ事故が急増 
(認知症)根治薬にも期待 既存の胃薬を使ったアルツハイマー病対策
(高齢者の人権)後絶たぬ親族による財産横領 成年後見人に専門職
など。
継続トピックス:社会保障と行政、介護予防、介護サービス、ターミナルケア
(介護予防)運動+音楽 併用で認知症予防効果 このジャンルの注目ヘッドライン
(社会保障と行政)患者紹介ビジネスで問題化 集合住宅への訪問診療報酬が大幅に引き下げ
(介護予防)運動+音楽 併用で認知症予防効果を確認 三重県の2町合同調査
(介護サービス)地域の人と交流「地域食堂」が人気 福井の小規模多機能ホーム
(ターミナルケア)死に場所ない「みとり難民」危機時代に広がるホームホスピス
など。
継続トピックス:介護従事者、家族介護者、地域で支える
​(介護従事者)介護目的来日者全国2千人超
このジャンルの注目ヘッドライン
(介護従事者)EPA(経済連携協定)以外にも 介護目的来日者全国2千人超
(家族介護者)既婚女性「介護は家族で」の意識 大幅減の56% 
(地域で支える)新聞販売店が徘徊老人や子どもを見守るシステム 佐賀新聞が導入
(災害に備える)災害時のトイレ 考えるフォーラム 大阪で
(福祉機器)温水洗浄後のふき取り自動で 自身の介護体験生かした補助トイレ装置を開発
など。

ページトップ