日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 医療と安全管理総集版 最新刊紹介 > 医療と安全管理総集版 過去の特集・注目コンテンツ > 医療と安全管理総集版 過去の特集・注目コンテンツの詳細

医療と安全管理総集版 記事の詳細

WLBを考える~支えあいの地域医療〜

発刊号 : 2015年6号
年間購読料 : \23,940(送料・税込)
配本日 : 2015年4月29日
サイズ : A4
ページ数 : 120ページ
記事掲載期間 : 2015年3月1日~31日
数量

商品概要

医師・看護師などの慢性的な人材不足。課題のひとつに、多忙で重い責任を負う仕事とプライベートとのバランスを図るWLB(ワークライフバランス)があります。加えてスキルや意欲を持つ離職者への復職支援問題、過疎地への医療スタッフ派遣記事も収録しています。ピックアップトピックスは「災害に備える」「腹腔鏡手術」など。

特集概要
WLBを考える~支えあいの地域医療〜 ​▼産科、外科、過疎地 医師不足解消への施策
▼脱「業界の常識」静岡看護協会が進めるWLB
▼医療界で女性リーダーを育てる
など。

全国85紙の新聞記事から医療の「今」を読み解く!

今号のピックアップトピックス
災害に備える ​災害に備える
スマホでトリアージなど 東日本大震災から4年で医療機関の災害対策
腹腔鏡手術
群馬大病院で8人死亡 その背景と手術に対する信頼回復策
分かち合う思い
がん患者など つらい思いを分かつ場を持ち支え合う
臨床宗教師の役割
終末期に僧侶が寄り添う効果
継続トピックス:医療従事者、養成・研修、技術・療法
(技術・療法)敗血症治療の切り札期待 このジャンルの注目ヘッドライン
(医療従事者)順大医学部教授 天野篤さん 日経「心臓外科医を生きる」連載
(養成・研修)表面化しにくい子どもの性的虐待をあぶり出す米国初「RIFCR(リフカー)」
(技術・療法)敗血症治療の切り札期待 工業地帯抱える神奈川県立ガンセンターの画期的発見
など。
継続トピックス:病院運営、連携・ネットワーク、患者・家族支援、移植医療、ターミナルケア・緩和ケア、医療倫理、救急医療
(地域医療を支える)山形・大蔵村唯一の医療機関 このジャンルの注目ヘッドライン
(病院運営)「共生への道 医師暴言の波紋」静岡新聞連載
(地域医療を支える)山形・大蔵村唯一の医療機関は心にも寄り添う
(患者・家族支援)社労士やFPが病院で相談受け付け 長期入院患者らの金銭問題
(ターミナルケア・緩和ケア)がん医療に従事 種村健二朗さん「私を変えた患者さん」
(医療倫理)再生医療進歩の時代に生きる生命倫理研究者 産経連載
(精神医療)メタボのリスク増大 統合失調症患者に栄養指導を
(救急医療)地下鉄サリン事件から20年 緊迫の救命をいま語る
など。

継続トピックス:医薬品、医療行政・人事
(医薬品)ジェネリック普及へ 医学部の役割 このジャンルの注目ヘッドライン
(医薬品)ジェネリック普及へ 医学部の役割 広島国際大 長田俊治教授
(医療行政・人事)国民負担増える医療改革法案の中身
など。
継続トピックス:医療安全、災害に備える
(医療安全)医療機器へのサイバー攻撃 このジャンルの注目ヘッドライン
(医療安全)セキュリティの甘さ指摘される医療機器へのサイバー攻撃
(医薬品・技術の安全)推計45万人で和解できたのは1万人 埋もれるB型肝炎患者のなぜ
(災害に備える)災害時の迅速な医薬品供給へ 卸会社のBCP(事業継続計画)
など。
ページトップ