日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 社会版 最新刊紹介 > 社会版 過去の特集・注目コンテンツ > 社会版 過去の特集・注目コンテンツの詳細

社会版 記事の詳細

エネルギー安保

発刊号 : 2012年4号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
数量

商品概要

特集テーマは、エネルギーの安全保障。イランの核開発問題を巡り米国が反発、圧力を強める意味でも自国でのエネルギー自給率を高める動きがあります。日本は、イランと独自の外交関係を保っているにも関わらず、ここでも米国追従を繰り返しました。一方、日本と同じくエネルギー資源を持っていない中国は、アフリカなどへ積極的なエネルギー外交を展開、増え続ける国内需要に素早く対応しています。国際情勢を俯瞰し、非資源国日本のエネルギー安全保障を考える関連記事11本(連載含む)を収録しました。注目記事は「震災会議 ずさん管理」「31年ぶり貿易赤字」など。

特集概要とタイトル抽出
エネルギー安保 豊富な埋蔵量を背景に、エネルギー自給率を高め、イランへの圧力を高める米国、経済発展から取り残されたミャンマーが、豊富な天然資源と地理的条件を武器に、外資獲得を狙う記事、南米エクアドルにある豊富な油田開発とアマゾンの環境保全問題との関連性など、国際的なエネルギー安全保障を考えます。

タイトル一例
▽EU、イラン原油禁輸(1.24・毎日)▽問われる原油外交(1.13・朝日)▽連載・アマゾンの挑戦 石油放棄への道(11.7~11.10・朝日)

社会版ジャンル:総集メモ(計12本)=ひと(5)統計・調査(7)
(統計・調査)人口減深刻、2060年には現在の3割 このジャンルの注目ヘッドライン​
◎再選、台湾総統の馬 英九氏 ハーバード大博士号のエリートは、経済発展重視・中国との外交安定を望む現実派です。
◎2048年、人口1億人割れ 60年には現在の3割減に・・・厚労省研究班がまとめました。
◎世界的災害 損失は28兆円、保険金の支払額は7兆円を超えました。
社会版ジャンル:国際平和(計20本)=国境(7)核(5)戦後処理(8)
(国際平和)ドイツの若者2割で「アウシュビッツ知らない」の報告がなされましたこのジャンルの注目ヘッドライン​
◎日露外相会議開催 プーチン大統領再選で北方領土問題進展が期待されています。
◎敵の地下核施設破壊の「使える核」開発に積極的な米国 核戦争の終末時計が1分進みました。
◎風化深刻 ドイツの若者2割で「アウシュビッツ知らない」の報告がなされました。
社会版ジャンル:政治・法律(計15本)
(政治・法律)「議事録、録音なし」震災会議のずさん管理が明らかになりました。このジャンルの注目ヘッドライン​
◎支持率回復が背景 米・オバマ氏一般教書演説で強気のアピールです。
◎選挙惨敗など世論厳しく 増税政権苦難の歴史、紹介しています。
◎故意の疑いは本当にない?「議事録、録音なし」震災会議のずさん管理が明らかになりました。
社会版ジャンル:経済・財政(計21本)
(経済)中国の成長エンジンエリアで経済成長の陰りが見えていますこのジャンルの注目ヘッドライン​
◎欧州 薄い中国マネーへの危機感 英国では水道会社の株式取得に加えビッグベン買収が噂されています。
◎上海・広東省、中国の成長エンジンエリアで経済成長の陰りが見えています。
◎円高、震災が影響 日本が31年ぶりに貿易赤字となりました。
社会版ジャンル:産業・社会(計14本)
(産業・社会)貧困の新指標を厚労省が検討します
このジャンルの注目ヘッドライン​
​◎農林業強化に農水省が本腰 2020年輸出1兆円を目指します。 
◎携帯・食事など生活密着の観点導入 貧困の新指標を厚労省が検討します。
◎春闘かすむ意義 雇用・賃金の多様化で一体感を得ることが難しくなっています。
社会版ジャンル:歴史・地理(計12本)
(歴史・地理)ヒッタイト帝国でガラス自作か 製鉄技術から応用の可能性 ​◎仏教法具か 京都・八幡市「美濃山廃寺遺跡」で、全国で例がないひょうたん型の土器が出土しました。
◎軍事大国・ヒッタイト帝国でガラス自作か 製鉄技術から応用の可能性が指摘されています。
◎長崎北部で、破壊から逃れたキリシタンの墓碑群を発見 歴史的背景を探ります。

ページトップ