日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > コラム歳時記 最新刊紹介 > コラム歳時記 過去の特集・注目コンテンツ > コラム歳時記 過去の特集・注目コンテンツの詳細

コラム歳時記 記事の詳細

悪口を言うにも心得が

発刊号 : 2012年3号
年間購読料 : \16,188(送料・税込)
数量

商品概要

文化、社会、人生観などのジャンルで、全国紙・ブロック紙・地方紙のコラムニストがつづった珠玉のコラム集2012年3号です。「飛ぶ鳥落とす勢い」の橋下徹大阪市長のツイッター上の「放言」を引き合いに出した「悪口言うにも心得が」など、有識者の名言、至言、珍言、知っているようで知らないわがまちのことなど、時として人生の指針ともなりえる各新聞社のコラムを多数収録。コラム歳時記をぜひ年間購読ください。

本号の注目コラム
悪口にも心得が 東奥日報・天地人 日本有数の都市の市長である橋下徹大阪市長。ツイッター上で「学者はなにもしない。文句を言うだけ」「おばはん大学教授」この発言に「歯に衣着せぬのが魅力」といっていいものかと説いた「悪口にも心得が」(東奥日報・天地人、1.28)歴史的人物が影響を受けた「おじさん、おばさん」を紹介したコラム(琉球新報・金口木舌、1.10)自然災害に強い、昔の生活と現代の生活を比較し、現代生活の脆さを説いたコラム(新潟日報・日報抄、1.29)を本号の注目コラムとして取り上げました。

コラム歳時記ジャンル:文化(計53本)=芸術(14)文化(31)歴史(8)
指揮者に必要な4つの資質 この国の指揮者はどうですか。 このジャンルの注目ヘッドライン
◎指揮者に必要な4つの資質「統率力」「継続的学習能力」「経営能力」「使命感」我が国の指揮者はどうか・・・を考えます。
◎今年の干支「辰」十二支「龍」は架空の生き物。爬虫類学者の青木良輔さんが実在の動物と説いています。
◎仙台港設計者・佐藤昭典さん。埋め立てられた堀「四谷用水」を愛した文化人でもありました。
コラム歳時記ジャンル:社会(計25本)=日本(15)世界(7)戦争・平和(3)
被災地へ・・・励ましの言葉集めた日めくりカレンダー このジャンルの注目ヘッドライン
◎被災地と思いの共有を・・・全国から寄せられた励ましの言葉を集めた日めくりカレンダー
◎高度成長・インドでリメイクされる「巨人の星」。時として根性ものを見直してもいいのではありませんか?
◎「住民と同じ目線で」1971年、毒ガス移送をマスクなしで取材した記者魂を知ります。
コラム歳時記ジャンル:人生(計48本)=人生(17)家庭・世代(18)福祉・人権(3)教育(10)
誰かを幸せに・・・あなたの「上機嫌」の効果このジャンルの注目ヘッドライン
◎フランス哲学者・アラン「幸福論」。あなたの気遣いや言葉が、違う人に伝播する。あなたの「上機嫌」を誰かに伝えませんか。
◎実験は成長の糧、青春の特権。詩人茨城のり子さんの生き様を紹介しています。
◎江戸時代にも見られた「老いと看取り」を解説。東北学院大の柳谷慶子さんの本
コラム歳時記ジャンル:生活(計41本)=生活(26)職業(4)健康・医療(2)余暇・スポーツ(9)
近代バレーボールの祖・松平康隆さん
このジャンルの注目ヘッドライン
​◎「ただ流れているのではない」時の流れに区切りをつける、また気持ち新たにする。日本人の優れた美意識です。
◎河合隼雄さん曰く「笑いはストレスを解除するたに人間に与えられた」笑いと言う宝物を大切にしていますか。
◎「東洋の魔女」に隠れていた男子バレーを有名にした、近代バレーボールのクリエーター・松平康隆さんが亡くなりました。
コラム歳時記ジャンル:自然・環境(計26本)=自然・科学(22)環境(4)
明治のSF界の祖が予測した「電気万能時代」。現代人に求められるのはリスク管理です。 ​​このジャンルの注目ヘッドライン
◎日本SF界の祖・押川春浪さん主筆「冒険世界」(明治43年)に予測した「電気万能時代」。現代人には未来とリスクを見通す力が要求されています。
◎人間の生活を豊かにも、ダメにもする「においの科学」・・・岩手大の「におい」による生物間コミュニケーション研究。
◎米国の海洋学者レイチェル・カーソンが描いた「病める世界」。化学物質による環境破壊に進む人間に今要求される「第4の革命・エネルギー革命」とは・・を描きます。


ページトップ