日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 科学と環境版 記事の詳細

科学と環境版 記事の詳細

ノーベル賞への期待

発刊号 : 2012年12号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
配本日 : 毎月1回(通巻324号)
サイズ : A4
ページ数 : 96ページ
数量

商品概要

iPS細胞(新型万能細胞)を開発した山中伸弥・京大教授に今年のノーベル生理学・医学賞を授与。国民の喜びともなったこのニュース。山中教授の人間像、周囲の支え、京大の自由な研究風土などから読み解き、再生医療の要として効果が期待されるiPS細胞とそのリスク、または基礎知識と将来性、応用性などについて関連記事37本から読み比べできます。注目記事は「牛のふん尿 甘い香りに」「『かわいい♡』で集中力アップ」など。

特集概要
ノーベル賞への期待 ​▼ノーベル賞受賞の山中教授 ビジョンに迷うこともあった曲折の研究の道筋
▼iPS細胞の基礎知識 再生医療への大きな一歩とがん化など安全性の課題について
▼iPS細胞とビジネス 特許権獲得の成否で研究・成長戦略に大きな障害の可能性
▼知恵の結集さらに 新たな発見促すオープランラボの重要性
など

今号の注目記事
(環境)牛のふん尿 甘い香りに
(環境)牛のふん尿 甘い香りに
​大阪の繊維メーカーと取り組む北海道酪農組合の挑戦 臭気対策 観光客誘致に不可欠
(植物・菌類)アジサイ 青さの秘密解明
植物に有毒のアルミニウムをうまく取り組むことで魅せる「あじさいの青」
(宇宙)116年ぶり「22日」の秋分の日
地球の公転の調整 116年ぶりの「22日」となった秋分の日
(ヒト)「かわいい♡」で集中力アップ
新ビジネスの活路にも 「かわいい」が人の脳に与える好影響を広島大準教授らが研究

科学と環境版ジャンル:Nature
(生物)えっ!ウナギ絶滅危惧種に このジャンルの注目ヘッドライン​
(自然)オゾン層回復の兆しも「元に戻るにはあと50年」
(環境)原発事故の動植物への影響 環境省などが調査 事故前との比較は困難
(生物)インドネシア・オランウータン虐殺 現代生活に密着強いパーム油との関係性を読み解く
(生物)えっ!ウナギ絶滅危惧種に 環境省が指定
(地球)1930年代から提唱 「マントルは動いている」金沢大研究チームが突き止め
(宇宙)超新星爆発か、太陽表面の爆発か・・・奈良時代に最大級の宇宙線の跡 屋久杉から発見

科学と環境版ジャンル:Technology
(エネルギー・原子力)原子力安全委 34年の歴史に幕 このジャンルの注目ヘッドライン
(エネルギー)先端産業に欠かせない大容量・安全な次世代型蓄電池の鍵は「全固体電池」
(エネルギー・原子力)無力さだけが残った原子力安全委 34年の歴史に幕

科学と環境版ジャンル:Science
(物理・化学・数学)元素周期表にメード・イン・ジャパン このジャンルの注目ヘッドライン
(科学)「細胞の声を聞く」ニワトリの卵で発生を研究する京大理化学研究科教授・高橋淑子さん
(ライフサイエンス・遺伝子)国際研究チームが解明「全遺伝子情報(ゲノム)の8割が遺伝子の働きを調節」は、遺伝子のスイッチに着目した創薬開発に期待
(ライフサイエンス・ヒト)人とチンパンジーの脳の成長の差は胎児期にあり
(スポーツ)「良いイメージと体のマッチング大切」運動神経は練習で改善される・スポーツの科学
(物理・化学・数学)手紙の交換が楽しくなる「折り手紙」は数学頭にも効果
(物理・化学・数学)研究者の悲願 元素周期表にメード・イン・ジャパンは何を意味するか



ページトップ