日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 社会版 記事の詳細

社会版 記事の詳細

大震災から2年~進まない復興~

発刊号 : 2013年6号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
配本日 : 2013年5月10日
サイズ : A4
ページ数 : 96ページ
記事掲載期間 : 2013年3月11日~4月10日
数量

商品概要

東日本大震災から2年が経過。住宅・鉄道などの生活インフラの整備が依然進んでいません。背景にあるのが、人件費や一部土地の高騰。国も復興を後押ししますが、未来型まちづくり構想には「机上の空論」と厳しい声。原発事故の影響を受けた地域では、住民が帰らず、地域崩壊の危機さえ感じます。特集で被災地の復興には一体何が必要なのかを考えます。ピックアップトピックスは「TPP交渉参加表明」「一票の格差」など。

特集概要
大震災から2年~進まない復興~ ​▼人件費、資材価格の高騰目立つ
▼利便性高い内陸部に人気集中で地価が高騰 住宅再建の道さらに厳しく
▼住宅、人手不足で被災3県11万2000人減
▼未来型まちづくりの基本方針に「机上の空論」産経新聞「西論」
など。

今号のピックアップトピックス
キプロス危機  TPP交渉参加表明
日本参加で世界経済の4割の市場圏 農業など、保護から攻撃へ転化できるかを探ります。
一票の格差
16判決中12件が違憲 0増5減など、格差是正の争点を探る
キプロス危機
欧州不安再燃 小国・キプロスが打ち出した「預金課税」とは
イラク戦争から10年
米世論は、過半数が「間違い」日本のメディアの社説はどう論じたか。
領土問題と教科書
教師の声でページ増 教育に中立性、冷静さを担保の配慮
災害と文化財​
東日本大震災で被災した文化財の再生、保管などの問題について

継続トピックス:国際、政治、憲法・司法
(政治)黒田日銀総裁に各国の反応は?
このジャンルの注目ヘッドライン
​(国際)ヒロシマ 被爆の記憶をどう伝える?資料館から撤去が決まった人形が巻き起こす波紋
(政治)黒田日銀総裁に各国の反応は?
(憲法・司法)「司法試験合格者年間3000人」の看板を下ろすことになった司法改革の行方
など。

継続トピックス:経済・資源・予算・税金、産業
​(経済)日銀 異次元金融緩和で 景気回復 次の局面は?
このジャンルの注目ヘッドライン
​(経済)日銀 異次元金融緩和で円安・株高 景気回復を持続可能なものにしていくには
(資源)原発再開 政府は「秋から順次」厳しい目・規制委との整合性をどう保つか
(予算・税金)孫の教育資金非課税など 税制改正法成立
(産業)大都市圏で地価回復の動き 一方で被災地高台の地価高騰
など。
継続トピックス:現代生活、発掘・発見、地理・文化
​(現代生活)企業相次ぐ「満額回答」 非正規・中小は置き去り

このジャンルの注目ヘッドライン
​(現代生活)
政府の賃上げ要請に企業相次ぐ「満額回答」 非正規・中小は置き去りで「格差さらに」の懸念
(発掘・発見)奈良・平城京の一等地に未知の古墳群か 都造営時に取り壊し説
(地理・文化)災害時につながりやすい 消防庁がSNSで緊急通報の試験運用
など。


ページトップ