日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 医療と安全管理総集版 記事の詳細

医療と安全管理総集版 記事の詳細

在宅は進むか

発刊号 : 2012年5号
年間購読料 : \23,940(送料・税込)
数量

商品概要

特集テーマは在宅医療です。4月からの診療報酬改定で医療サービスの価格が変わりました。このなかには在宅介護の充実などに1500億円を充て、政府は医療機関が積極的に在宅医療に取り組むよう促しています。特集は介護との連携、病院体制の充実と課題、介護大手事業者が在宅医療を強化する記事など関連記事19本を収録しました。注目記事は「3分診療の何が問題か」「体の欠損にエピテーゼ」など。

特集概要とタイトル抽出
在宅は進むか ​4月から改定された診療報酬改定に関する記事、ITを使ってチーム医療を実践、在宅医療や介護サービの充実を図る取組み、24時間訪問介護とプライバシーに関する課題を追った記事などを収録しています。

タイトル一例
▽医療の質 上がるか(2.11・朝日)▽訪問介護ステーション(2.10・産経)▽在宅高齢者ケアを支援(2.27・神奈川)▽訪問診療に特化(11.6・中日)

医療と安全管理総集版ジャンル:医療総合=医療従事者(15)
卒業生を対象に基礎医学の学び直しを支援しています
このジャンルの注目ヘッドライン
​◎看護師の大都市集中が深刻化 帯広市で「潜在看護師」発掘の動きが強まっています。
◎カリキュラム改訂、看護師の医療行為に備えて 静岡県立大看護学部が卒業生を対象に基礎医学の学び直しを支援しています。
◎薬学教育6年制 この春初めて学生が巣立ちます。
医療と安全管理総集版ジャンル:医療総合=医療技術(10)医療倫理(12)
心臓疾患の術後患者に運動療法を取り入れる病院が拡大しています
このジャンルの注目ヘッドライン
​◎患者の免疫力向上でがん征圧目的 大阪大病院が成人T細胞白血病のがんワクチン治療の臨床試験を始めます。
◎心臓疾患の術後患者に運動療法を取り入れる病院が拡大しています。
◎臓器移植を目的とした患者の転院 医療と移植医療支援団体双方の見解から是非を考えます。
医療と安全管理総集版ジャンル:医療総合=病院関連(21・連載含む)患者関連(12)
「見た目わからない」エピテーゼに注目が集まっています
このジャンルの注目ヘッドライン
​◎医師不足、赤字拡大 市民病院に存続危機が迫っています。
◎「3時間待たされて3分の診療時間」患者の不満 医師の技術背景に患者との接し方を問います。
◎体の一部を人工的に修復 「見た目わからない」エピテーゼに注目が集まっています。
医療と安全管理総集版ジャンル:医療総合=医療費・保険(3)医療行政(5)
治療費滞納の徴収強化 広島市立病院が効果をあげています
このジャンルの注目ヘッドライン
◎生活困窮、受診控えて死亡67人。全日本民主医療機関連合会が発表しました。
​◎治療費滞納の徴収強化 広島市立病院が専任職員配置で効果をあげています。
◎実態伴わないのに公金支出 京都市の「市医」問題を取り上げています。

医療と安全管理総集版ジャンル:医療総合=医薬品(14)医療業界(9)
製薬会社と医師との関係構築が改めて問われていますこのジャンルの注目ヘッドライン
◎海外使用可も、日本では・・・「ドラッグラグ」の解消度合を検証します。
◎脂質異常症の治療薬が認知症予防にも効果があることを福井大・濱野講師が発表しました。
◎MR(医薬品情報担当者)の過剰接待を自主規制 製薬会社と医師との関係構築が改めて問われています。

医療と安全管理総集版ジャンル:医療安全管理総集=医療安全管理
東日本大震災で医薬品備品のミスマッチが発覚しました
このジャンルの注目ヘッドライン
​◎行政版のDMAT(災害派遣医療チーム)構想 災害医学学会が東日本大震災を受けて発表しました。
◎慢性疾患用医薬品不足を露呈 東日本大震災で医薬品備品のミスマッチが発覚しました。
◎第1種感染症指定医療機関 高知医療センターの取組みを紹介しています。




ページトップ