日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 科学と環境版 記事の詳細

科学と環境版 記事の詳細

AIは人を超えるか~身近になる人工知能~

発刊号 : 2015年10号
年間購読料 : \18,000(送料・税込)
配本日 : 2015年9月14日
サイズ : A4
ページ数 : 96ページ
記事掲載期間 : 2015年7月16日~8月15日
数量

商品概要

AI(人工知能)の進歩と人類との共生を考える特集です。2050年、AIが人間の脳を超えるとも言われています。現代でも、プロ棋士とAIとの勝負でAIが勝つ時代。家電・自動車など私たちの身近にもAIが存在しています。ただ、利便性とともに、雇用がAIに奪われるなど共生も課題に。最新のAI技術のいまと、未来へAIの活用のあり方を考えます。

特集概要
AIは人を超えるか~身近になる人工知能~ ▼社会のいたるところに 人工知能の活用範囲
▼米国では新聞記事も
▼本当にいいことばかり?映画の世界もありうるかも

全国85紙の新聞記事から科学の「今」を読み解く!

今号のピックアップトピックス
温暖化、世界の現状 ​温暖化、世界の現状
グリーンランド、ロシア永久凍土も溶けている
暗黒物質はどこに?
宇宙の成長解く手がかりに 銀河を支配する暗黒物質とは?
広がるバイオマス発電
木材や下水の有効利用 環境と地域を再生できるか
未来の科学者を育てる
先端とユニーク 科学技術立国・日本 未来の担い手育てる取り組み
自然、環境、生物、宇宙、地球
(環境)汚染土壌 泡盛粕で浄化 ​このジャンルの注目ヘッドライン
​(自然)被害軽減目指す災害予測 正確性どこまで?
(環境)汚染土壌 泡盛粕で浄化 琉大グループら開発
(生物)勝てない勝負はしない魚の社会
(宇宙)地球似の惑星 NASAが発見 水分と大地存在か
(地球)噴火確率の数値化 痕跡から挑む
など。
地震、原子力、エネルギー、宇宙開発
(宇宙開発)宇宙ゴミの検出 ​このジャンルの注目ヘッドライン
(原子力)福島第1原発廃炉に挑む英知
(エネルギー)燃料電池の発電 アンモニアで高効率化
(宇宙開発)宇宙ゴミの検出 JAXAがセンサー開発
など。
技術、ものづくり、科学者、ライフサイエンス
(技術)ロボットが接客するホテル ​このジャンルの注目ヘッドライン
(技術)ロボットが接客するホテル ハウステンボスに
(科学者)小樽の蜃気楼を追う 小樽総合博物館学芸員 大鐘卓哉さん
(ライフサイエンス)アトピー性皮膚炎治療に期待 頭皮に電極でかゆみを抑制
ページトップ