日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 読み比べシリーズ > 商品詳細

読み比べシリーズ

エンド・オブ・ライフケア記事読み比べ

発刊日 : 2018/04/20
価格 : \2,160(送料・税込)
配本日 : 2018年4月20日
サイズ : A4
ページ数 : 120ページ
記事掲載期間 : 2015年2月14日~2018年3月23日
数量
エンド・オブ・ライフケア記事読み比べの目次

商品概要

2025年には年間150万人が亡くなると言われる多死社会に向かう日本。一方で本人が望む終末期には、医療や介護、個人の尊厳などに多くの課題を抱えたままです。その人らしい最期のあり方とは。全国の新聞報道から考えます。

調査・データ
多死社会 2025年には150万人超▼多死社会   2025年には150万人超
▼85歳以上のがん   積極治療見送り最大6割
▼生活の場  看取り地域格差   最大で13倍
意思決定への支援、緩和ケア
本人意志尊重の患者協働医療意思決定への支援
​▼ケアマネが支援   千葉・松戸市
▼本人意志尊重の患者協働医療
▼望む終末期実現にノート活用
緩和ケア
▼がん鎮静  家族とのコミュニケーション疎外も
▼胃ろう  安易な延命議論
▼ホームホスピス実践   市原美穂さん
など。
看取りを支える、家族への支援
苦しみの少ない自然な看取りを看取りを支える
▼苦しみの少ない自然な看取りを   フロントランナー 石飛幸三さん
▼病院でも自宅でもない最期   南日本新聞「かごしま いのち見つめて」
家族への支援
▼中国新聞「揺れる家族  がん在宅医療の現場で」
▼ICU面会制限緩和の動き
▼長野・飯田市特養の家族ケア  遺族招いたしのぶ会
など。
連載、今どきの終活
初めてのエンディングノート連載
▼徳島新聞連載「最期まで自分らしく」
⇒家族のみとり
⇒どうする延命治療
⇒在宅という選択
▼西日本新聞連載「続 死を見つめて生きる」
今どきの終活
▼初めてのエンディングノート
▼高齢者施設で人気   死と向き合うカードゲーム
▼お墓のデザイン多様に
など。
ページトップ