日本最大の新聞切り抜き情報誌を発行…
全商品予約購読による限定部数販売
株式会社ニホン・ミック

定期購読商品 切抜き速報シリーズ

ホーム > 切抜き速報シリーズ > 教育版 最新刊紹介 > 教育版 過去の特集・注目コンテンツ > 教育版 過去の特集・注目コンテンツの詳細

教育版 記事の詳細

IT社会の教育

発刊号 : 2012年4号
年間購読料 : \27,720(送料・税込)
数量

商品概要

特集テーマは「教育とIT」。ITを使った教育は今や不可欠となっており、各教育現場では様々な工夫が行われています。例えば、フェイスブックやツイッターなどのSNSを使い学校や生徒の様子を発信、電子黒板を活用してより視覚に訴えた授業展開の動きがあります。しかし一方で、IT機器の不整備や習得技術差で教育にITを十分活かせない実態も。関連記事22本(連載含む)を収録しました。注目記事は「教員人事権」「どうなる教職員の成果給」など。

特集概要とタイトル抽出
IT社会の教育 ​学校や生徒の情報をツイッターを活用、緊急連絡・安否確認のツールに活用する動きや、大学が就活学生の利便性向上に講義をネット配信する動き、電子黒板やタブレットなどIT機器の活用と依存度問題、IT機器の導入・技術格差問題など、教育とITに関する記事を収録しました。

タイトル一例
▽生徒の様子 つぶやいています(1.16・山梨日日)▽学びの場 ITが広げる(1.22・朝日)▽タブレット端末 授業に活用(1.22・山梨日日)▽連載・教育 あしたへ デジタルが来た(12.8~15・朝日)

学校教育に興味をもたれた方はこちらもお薦めです。

教育版ジャンル:教育行政・教員人事
(教育行政・教員人事)府から市町へ 教員人事権委譲問題の詳細を伝えます。 ​このジャンルンの注目ヘッドライン
◎35人学級を小2で完全実施 広島県が新年度から始めます。
◎大阪府の府から市町へ人事権委譲 人材偏りの危惧が出されています。
◎山村留学 ピーク去った後の新たな形の模索の様子を伝えます。
教育版ジャンル:教育と子どもに関する話題=教育の国際化、教育費など
(教育と子どもに関する話題)政治・経済に関心高い若者が増加しています​このジャンルンの注目ヘッドライン
◎新成人8割が「日本を変えたい」政治・経済に関心高い若者が増加していることがネット調査で明らかになりました。
◎中国人運営の中国語学習サイトが世界で浸透しています。
◎高校無償化で再入学者が13パーセント増加したことが文科省の調べでわかりました。
教育版ジャンル:学校経営・学校評価
(学校経営・学校評価)「熟議」 文科省提唱の実践授業に山梨・甲府昭和高が初めて取り組みました
​このジャンルンの注目ヘッドライン
​◎問題解決力身につける「熟議」 文科省提唱の実践授業に山梨・甲府昭和高が初めて取り組みました。
◎県立4高校が週替わり担当 学校の情報を地元FM放送で発信します。
◎鳥取市が導入の「小規模校特別転入制度」。集まる学校の偏りが課題となっています。
教育版ジャンル:安全・安心な学校づくり
(学校安全・安全教育)体育館の避難所機能強化に京都市が取り組みます ​​​このジャンルンの注目ヘッドライン
◎災害時の避難場所 体育館の避難所機能強化に京都市が取り組みます。
◎犯罪進学の教授が指南 中高生の不審者対策を考えます。
◎小中学校向け 抜き打ち避難訓練を盛り込んだモデル・指導カリキュラムの作成に文科省が取り組みます。

教育版ジャンル:生徒指導
(生徒指導)いじめ問題や心の居場所づくり 大学生が奮闘しています。 ​​​このジャンルンの注目ヘッドライン ​
◎居場所ない少年らに年齢の近い大学生が寄り添う 北海道警大学生ボランティア「Jumpers」活動が拡がっています。
◎少年非行再発を防止 徳島県警が定期的に家庭等と連絡・相談の取組みを始めています。
◎女子大生のいじめ実体験を本にして出版 ノートルダム女子大教授が企画しました。
教育版ジャンル:学習指導
(学習指導)古典・現代文の音読暗唱を北九州教委が進めています
​​​このジャンルンの注目ヘッドライン ​
​◎新学習指導要領強化ポイント「調べ学習」に役立つ図書の選び方、選ぶ理由を紹介しています。
◎日本語の美を体で体感、古典・現代文の音読暗唱を北九州教委が進めています。
◎都道府県各中高生向け 限定8校に国費で英検 文科省が実施 一般校との成績と比較し指導法の改善を図ります。


教育版ジャンル:学校教育
(学校教育)東大秋入学の波紋 各大学の足並みがわかります。 ​◎東京大学 学部秋入学の波紋 各紙社説や他国立・有名私立の取り組み状況を伝えています。
◎考える力養成 武蔵野大で1年生哲学必修の効果を紹介しています。
◎「優・良・可・不可」改め数値化 GPA(グレード・ポイント・アベレージ)評価が北海道の大学で進んでいます。

ページトップ